スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

番外編 twitter情報

 twitter 相撲部

twitter相撲部。場所中だけでなく相撲好きな方々と情報交換ができて、とても気に入っています。そのひとつとしてこんなの教えてもらいました。⇒ ニコニコ外部プレーヤー キセノンの動画です。厳密には、キセノンへの愛のムチですが、キセノンは一切出てきません。4コマ漫画の「すもうねこ」さん同様、本当にお相撲好きな方が作られているので、相撲好きにはたまらん!仕上がりになっています。

それともう1つ。栃の山のブログ。5/24付の記事も話題になっていました。⇒ 人は変ることができる
引きこもってるくらいなら相撲部屋に入門してみるってのも1つの手かもしれない、と思いましたよ。

もう1つ。田子ノ浦部屋の碧山。親方(元・久島海)のtwitterによると、場所が終わって直ぐのこの1週間のお休みもジムなどでトレーニングしてるみたいです。勝ちたいんでしょうね。怪我で本調子ではなかったとはいえ悔しいんだと思います。なんか熱くていいなぁ、と思いました。



 北の湖部屋へ

木瀬部屋の力士は北の湖部屋に移動することが正式に発表がありました。きっと出島の引退相撲に配慮してのことだったんでしょうね。推測ですが。

凄い人数になりますね。北の湖部屋。木瀬部屋の力士だけではなく北の湖部屋の力士も動揺しているかもしれないですが、みんな、がんばって!欲しいです。嘆いても仕方ないですからね。








  


スポンサーサイト

テーマ : 大相撲
ジャンル : スポーツ

番外編 未だにわからない

話が堅くなってしまったので、違う話。


 泣いてた理由

私は白鵬を随分長く応援していますが、未だによくわからない時があります。
朝青龍が引退した日、部屋で囲み取材を受け号泣していた白鵬。みなさんはどうして白鵬が泣いていると思っていましたか?私は、朝青龍がいなくなって寂しいとか、朝青龍の気持ちを考えると泣けてくるのかな?とか思っていました。

が、asahi.comに載っていた記事を要約すると、「朝青龍がいなくなり遂に自分がTOPになった。ここに来るまでの色々大変だった事を思い出して涙が出てきていた」のだそうです。

なんか私「騙された感」でいっぱいでした。(笑)
これ位の非情さがないと横綱張ってられないなとも思いましたが、まさかこんなことを思って泣いていたとは…。ねぇ~。

白鵬の思考回路が理解出来ないことは今までにもありました。
白鵬が「日本では強い人は嫌われるんだよね?」と記者に逆質問した時。入幕したての頃で、朝青龍を見ていての発言だったと思われますが、なんか解釈間違っちゃってる…、そう思いました。

その前後、敢闘賞を受賞した時「どうして若の里が技能賞なの!?」みたいなコメントもしてました。空気読めないというか、わかってないというか、どこかの回路がいっちゃってるのかもしれないです。結構、はぁ~!?な発言多いんです、白鵬って。

そして今場所の優勝インタビュー。
「優勝が早く決まってしまってごめんなさい。」と言いました。前にも言った事があるのでこれで2度目です。

これ、みなさんどう受け取りましたか?
ちゃめっけたっぷりのリップサービス、とか、笑いを取る為に言ったとか、多分、冗談っぽく捉えていますよね?

でもね。私、違うと思うんです。
白鵬、本気で、謝っている気がします。

俺様率いる軍団の俺様以外が、大変不甲斐無く、千秋楽まで優勝争いを盛り上げられる事が出来ず、サーセンでした。って、本気で言ってるような気がするんです。思考回路が違うので、案外本気なんじゃないかと妄想してます。

見た目はもっさりしていて、末っ子タイプに見えますが、意外に親分肌で統率力あるんじゃないかな?と思ったり…。まだまだ掴めない、未だになぞが多い白鵬。



 「大相撲」休刊

時事
読売新聞社は25日、隔月で発売していた月刊誌「大相撲」を8月24日発売の9月号で休刊すると発表した。同社によると、「大相撲」は1954年に「読売スポーツ」の臨時増刊号として創刊、58年から定期刊行されていた。スポーツとメディアの多様化が進む流れを受け休刊するという。 

寂しいけれど、ある意味仕方ないと思います。








 



テーマ : 大相撲
ジャンル : スポーツ

総括 その3



総括の続きを少しずつ書きます。


 取組み後に首を傾げる行為

今場所幕下以下の放送で何度かこの話になりました。
個人的にこの行為は好きではないので、やっと中継で苦言を呈してくれる親方が出てきたぁ、と思い嬉しく聞いていました。

立ち合いで変ったり、引いたり、叩いたり、そんな相撲の後に首を傾げる力士が多いのですが、「首を傾げる事が反省を表している事」みたいな雰囲気になってきていて、変な相撲を取っても首を傾げれば、「本人も内容には納得していないようです」とか何故か良い方向に解釈される事が多く、悪が軽減される流れになってきていませんか?

「勝っても負けても無表情。それがお相撲さん。」のはずなのに、首を傾げる行為だけは何故注意されないんでしょうか?疑問に思ったことありませんでしたか?

今場所どうしてこの件が幕下以下で取り上げられたのかはわかりませんが、ホント良いことだと思いました。中継では、「相手に対して失礼な行為だ」「もっと巧く勝てたはずなのにとも解釈できてしまう行為だ」などなど、どうしてこの行為が良くないのかが述べられていました。

幕内でも首を傾げる力士います。何故わざわざ土俵の上で首を傾げないといけないんでしょう。本当に首を傾げたいなら支度部屋で思う存分どうぞ、ってな話ですよ。なのにお客さんの前で…。そこにはきっとシタタカな計算があるんでしょうよ。首傾げればボロボロには叩かれない味をしめてしまったんでしょうよ。

でもね、あたしゃーもう許さん。
これからは「首傾げた事」からまず批判しようと思います!たけしのマネしてんじゃないわよ!とブログに書きたいと思います。



 横綱に変化や張りをする事に対しての白鵬の苦言

栃ノ心が白鵬に変化したり、キセノンが白鵬を張ったり…。そんな相撲に対して白鵬は取組み後に苦言を呈するようなコメントを出していました。

まず言っておきたいのは、「白鵬は変化で朝青龍を倒し横綱に昇進しました」と言っていいのではないかと思うほど、横綱朝青龍に変化した相撲が記憶に残っています。それに、北勝力が優勝争いをしている時にも、空気を全く読まずにさっくり変化しました、白鵬は。変化に関して白鵬は、何か言えた立場にあるんかいっ!と正直思います。

横綱に対して変化するような力士は私は好きではありません。でもどの力士にもそう思っているわけではありません。舞の海の「勝てないならなんでもしてみろ」発言も、好きではないですが時と場合によってはありだと思っています。

白鵬の気持ちもわかるんです。横綱像を汚すな!みたいな…。横綱とやれる番付にいるのに変化とは勿体無い!みたいな…。「横綱とは?」を追求すればするほど、「注文相撲は失礼」との答えになっていくのかもしれないです。でも、横綱が相手の相撲に苦言を自ら呈すのはどうなのかなぁ~?いやいやいや、どうなのかなぁ~?じゃなくて、そんなのかっこ悪いと私は思います。

横綱は常に「どこからでもかかって来い!」という立場でいて欲しい。
相手に「変化しても仕方がない」と思わせて欲しいんですよね、言葉じゃなくて相撲で。「変化してるようじゃ勝てない」って対戦相手にわからせる相撲を横綱には期待。言葉じゃなく相撲で。

ウルフに変化して勝った力士っているのかな?





 

テーマ : 大相撲
ジャンル : スポーツ

プロフィール

Gacktoh

Author:Gacktoh

「OMUSHO」は「OHSUMO」を逆から書いた文字列です。大相撲観戦記事を中心に更新しています。http://plaza.rakuten.co.jp/gacktoh/ のミラーサイトです。

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
食べ物
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
Monthly Archives
最新コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示
QRコード
QR
管理
カウンター
現在の閲覧者数
現在の閲覧者数:
リンク集
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサードリンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。