スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006年 9月場所 12日目


 12日目 
                        
「きょうの注目取組から」

【解説】
正面(幕内)錣山
向正面(幕内)立田川

【アナウンサー】
正面(幕内)岩佐英治
東レポ:刈屋 西レポ:三瓶

<副音声>
【実況】マレー・ジョンソン

お薦めのブログ⇒贔屓力士別リンク 


取り組み結果

幕下 

幕下以下の詳しい解説は、あみだ様のブログでどうぞ。

勢VS福岡 寄り倒しで、勢。4勝2敗

望櫻VS輝風 押し出しで、望櫻。3勝3敗

杉田VS風斧山 寄り切りで、杉田。3勝3敗

下田VS北勝国 突き落としで、下田。4勝2敗

若ノ鵬VS高見藤 送り出しで、若ノ鵬。5勝1敗

十両

猛虎浪VS須磨ノ富士 掬い投げで、須磨ノ富士。7勝5敗

若兎馬VS時津海 寄り切りで、若兎馬。7勝5敗 若兎馬の凄くいい相撲でした。

栃煌山VS皇司 引き落としで、皇司。9勝3敗

光法VS豊桜 押し出しで、豊桜。 突っ張る豊桜に光法何も出来ず。

龍皇VS鶴竜 押し出しで、龍皇。7勝5敗 立ち合いから龍皇の相撲でした!

幕内

シャロンストーンが幕下から見に来ていると紹介されていましたが。向正面マス。多分お客さんたち、気づいていないですよね?テレビに映し出されていましたが、化粧をしてない「素」だったので、本当にシャロンストーン?などと私は思ったのですが…。画面右上が気になって、気なって、仕方の無いワタクシでした。

寶智山VS土佐ノ海
立ち合い当たり負けした寶智山。押される所を引いて残そうとしてしまいました。立ち合いの踏み込みガイマイチの寶智山。負け越し。勝ち越しインタビューを期待していたのですが今場所はなくなりました。

高見盛VS栃乃花
今日のような相撲が、今場所前にもあったような。(`・ω・´) シャキーン
心勇さん、浴衣変えましたね。

豊真将VS朝赤龍
相手に手を着かせてから、着いた方が良いとの協議が親方間で・・・。
考えてみますとのこと。

十文字VS琴奨菊
琴奨菊が攻めても、十文字が残す。攻防もあり…。ここは盛り上がりどころ!なんてのもあったのに、何故館内沸かないのです。どうしてですか?どうして!土俵際きわどくなった、最後のみ、ちょっと沸きましたが、なんだか今ひとつ。 左下手を抜いた十文字。何故?「肘が極まりかけた」By 錣山親方

嘉風VS豊ノ島
豊ノ島の一方的な相撲。差して争いは、しなかったですねぇ。
「出稽古行かして貰ってるんでね、こういう相撲豊ノ島稽古場でよく取るんですよ」By 錣山親方
そういえば、豊ノ島のブログに、豊真将が出稽古にやって来た、と書いてありましたね。

普天王VS安美錦
普天王は怪我が治り、反る癖が治りかけているそうです。BY 刈屋
安美錦の巧さがひかりました。安美錦の立ち合い「当たってから左右に動くようになった」BY 錣山親方
安美錦自身、膝の怪我のことがあるので、立ち合いまっすぐ当たるようにしている、って今場所のいつの日だかに、言ってましたよね?なるほど。それが白星に繋がっているんですね。これは期待できいますね。

稀勢の里VS黒海
小結同時の取組み。四つにくんで、左四つ右上手。土俵際も、突き落としを喰らわない攻めが出来ていますね。差し手の返しも凄くいいですね。寄る方向も万全。立ち合いがもっと厳しくなったら、差し負けることもなくなるでしょうね。良い相撲でした。

千代大海VS露鵬
心臓に悪い顔合わせ。千代大海、集中に欠いたでしょうか?

白鵬VS安馬
化粧まわし:白鵬堺誉会 付け人:桜乃富士、望櫻、春日国

仕切り:
安馬が前に落ちる感じでタイミングがずれつんのめる。白鵬が先に両手を着き安馬が合わせます。

相撲内容:
右カチ上げ、左はまわしを狙っていません。安馬はもろて?両者つっぱりあい。
白鵬見ながらつっぱり。安馬は、懐に潜って左下手を狙いたいところ。左手が何度かまわしにかかりかけますが白鵬気持ち後退して左を許しません。腰を構え直し安馬が攻めてくる所を差して右四つ。胸を合わせての寄り、そして軽々&優しく吊り出し。

感想:
生涯成績250勝目! 勝ち越し!←これはあまり書きたくないが…。
仕切りの安馬のつんのめり。前もそうでしたよね?白鵬が巧くタイミングをずらしているのか?それとも安馬が気負いすぎているのか…。

立ち合いのつっぱり。右が一度空振りしていました白鵬。白鵬のあの突っ張りが安馬には、一発一発効いているのが不思議なのです。こういう相撲を見ると、安馬…、やはり体重か!?とまた思うわけです。

白鵬の右足、また滑ってました。仕方ないです。
白鵬の右四つでの寄りは、今場所2度目ですが、やはり綺麗だぁ~~!
安馬だから吊りですが、相手によっては右ひじを張るんでしょうな。

宮城野部屋を応援するtaka先生のスポーツ&カイロプラクティックZAWA先生の黄金の右足もどうぞ!

ふじ子様の頑張る力士を応援しますに、安馬側からの解説はお任せしますが…。
横につけませんでしたね。横に動こうともしませんでした。やはり昨日の事で、真っ向勝負を意識しすぎたのかな?なんて思ったわけですが…。

かおかぶランキングに安馬の記事が出ています。安部さんと安馬を文字って書かれています。

琴欧州VS岩木山
立ち合い、琴欧州なかなか動きませでしたね。琴欧州が張って組む両者。土俵際岩木山が体を入れ替えるも、中途半端。琴欧州も危なかった。

朝青龍VS栃東
立ち合いあわず、栃東まった。勝負は全て立ち合いで決まってしまいました。右四つ。
青山アナがいましたね。花道奥。 びすたり様のブログで取り組み解説はどうぞ。






 明日の注目取り組み 
後ほどUP致します。





スポンサーサイト

コメントの投稿

Secre

Re:出人さん

出人さん

>マナーが大切なんだって、すべての力士に教えてほしいです。

こんばんは。これにつきますね。

この二人の状況を見て、他の力士は色々学んで欲しいと思いました。そうでなくては、この二人の事が単に出来事として消滅しています。反面教師的な存在になって、他の力士達の今後の教訓にして欲しいです。



>意識のあまり対戦前

そうなんですよね。やはりこうして苦労するんです。今後も続くかもしれないですが、乗り越えなくてはいけないですね。



千代大海は対戦後にやついてました

今日は、負けた千代大海は対戦後ニヤついてましたよね。土俵上で。



誰に対してか、ほっとしたのか、これで先場所の借りは返したと思ったのか、思い切っていけなかった自分の心を羞じたのか。ま、悪意のものではなく、緊張した対戦を終えた、ゆるんだのだと思いますけれど。ま、しかし、敗戦後ニヤつくことが、大関としてふさわしいかどうかは、しりません(笑)。



二人(千代と露鵬)の間で、あの後なにか「和解」のようなことがあったのか、いっしょに稽古をしたとか、酒を飲んだとかそういうことはしりませんが、こういう心境で相撲をとらなければならなくなるから、マナーが大切なんだって、すべての力士に教えてほしいです。



意識のあまり対戦前には、どう闘志を盛り上げてよいか困ったはずです。
プロフィール

Gacktoh

Author:Gacktoh

「OMUSHO」は「OHSUMO」を逆から書いた文字列です。大相撲観戦記事を中心に更新しています。http://plaza.rakuten.co.jp/gacktoh/ のミラーサイトです。

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
食べ物
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
Monthly Archives
最新コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示
QRコード
QR
管理
カウンター
現在の閲覧者数
現在の閲覧者数:
リンク集
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサードリンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。