スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

熊ヶ谷親方:完成すれば、自ずと(横綱に)昇進できる

 毎日新聞
東の支度部屋。「自分なりに行ったんだけど、バランスが崩れて……」。じっと目を閉じた白鵬。「前半で負けた時点で(昇進は)考えてないんで。でも意識していたかな

「左まわしを取る自分の形があるのに、今場所は相手のことまで考えて、おかしくなった」と、育ての親の熊ケ谷親方。だが悲観はしない。「今はその自分の型に戻ろうとしている。それが完成すれば、自ずと(横綱に)昇進できる

帰り際。テレビ画面に映る朝青龍の万全の相撲に視線を向け、「プレッシャーに負けずにやっている。すごいね。けいこしかない」。差を埋めるため、出直しを誓う。

完成すれば、自ずと(横綱に)昇進できる
白鵬は、出直せばいいのです。
しかし熊ヶ谷親方って方は…。最高ですな。
的確に弱点を指摘して、そして褒めて伸ばす。


プレッシャーに負けずにやっている
白鵬、久しぶりに朝青龍の事を賞賛しています。
多分今は、朝青龍のメンタルの強さを本当に実感しているんでしょうね。
怪我を治して、稽古しろ。それしかない。




一方の西。「場所前にぶつかった時から白鵬が自分の形になっていないことは分かっていた」。先に夏場所で綱取りをしくじっている栃東に見透かされた。

それはその通りだとしても…。
うーん。
やはり栃東がコメントするのはまずいんじゃないか?と思うわけです。

サンスポ
場所前の出げいこから白鵬の不調を指摘しており「自分の形で取っていないことは分かっていた」とは先輩大関らしい言葉。さらに「自分はあと数年だけど、彼は10年、20年と経験をどんどん積んでいくでしょう」と続けた。

だからさぁー。
栃東はどうして最近こういう話をするんでしょう…。
引退するかも的な発言や引退後的な発言を聞くと、何か思い悩むところがあるのか?
と、相撲ファンとして、ドキドキしてしまうんですぅ。
気力を見せていただきたいのですが…。栃東ファンが泣きますよ。






 日刊スポーツ
綱とり失敗の原因について白鵬は「足のせいにはしたくないけど、影響はあった。バランスが崩れた」と初日に痛めた右ひざを挙げた。12日目は1敗でトップを走る平幕安馬と対戦する。

怪我の事を口にするのは、宜しくない。
言い訳にしか聞こえない!そこはぐっと我慢。
でも言っちゃった…。やっぱり末っ子。

初日に怪我をしてしまったのは、白鵬自身が使った張り差しのせいだと思って、
もう一度、張り差し封印する事ですな。
それしかない。








スポンサーサイト

コメントの投稿

Secre

プロフィール

Gacktoh

Author:Gacktoh

「OMUSHO」は「OHSUMO」を逆から書いた文字列です。大相撲観戦記事を中心に更新しています。http://plaza.rakuten.co.jp/gacktoh/ のミラーサイトです。

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
食べ物
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
Monthly Archives
最新コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示
QRコード
QR
管理
カウンター
現在の閲覧者数
現在の閲覧者数:
リンク集
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサードリンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。