スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006年 9月場所 10日目


 10日目 
                        
「わたしが選んだ名勝負 小島太」

【ゲスト】小島太
【解説】正面:伊勢ノ海 ラジオ:北の富士勝昭
【アナウンサー】(十両)岩佐英治 (幕内)刈屋富士雄
西レポ:藤井 東repo :花岡
<副音声>【実況】ヒロ・モリタ

お薦めのブログ⇒贔屓力士別リンク 


取り組み結果

幕下以下 

幕下以下の詳しい解説は、あみだ様のブログでどうぞ。

(序ノ口)
大和田VS魁ノ浜  寄り切りで、魁ノ浜。 大和田連勝ストップ。

(序二段)
桜乃富士VS白 押し出しで、白。桜乃富士連勝ストップ。

青狼VS琴下田 寄り切りで、琴下田。青狼は、後がないですぅ~。

(幕下)
佐田の富士VS双大竜 寄り切りで、双大竜。

大勇地VS再田 叩き込みで、大勇地。4勝1敗 勝ち越し!!

十両

猛虎浪VS栃煌山 押し倒しで、栃煌山。5勝5敗

光法VS旭南海 寄り切りで、光法。7勝3敗 優勝争いしいる光法。

若兎馬VS皇司 掬い投げで、若兎馬。6勝4敗

龍皇VS栃栄 押し出しで、龍皇。5勝5敗
もろてから突っ張る龍皇。いなされるも残す。そして付いて行きました。

幕内

ゲスト:小島太ダブルハート
馬が好きではない方には、面白くない話が続いたり、なんだよぉ!と思われたかもしれませんが、馬好きとしては、相撲中継中に馬のレースや調教を見られるなんて、大興奮でした。生調教は何度も見ているのに、生朝稽古は見た事のないワタクシ。馬を見るとの力士を見るのを混同している・・・。でも似てるんですよねぇ。足の事ばかり話すあたりが、なんとも嬉しかったりしました。
凱旋門賞の話が…。ディープインパクト。あっ、だからゲストね。はいはい。

そして北の富士VS貴乃花(父) ダブルハート
現役時代の勝昭タン。はぁーん、最高。顔が丸々。今日のラジオ解説は勝昭タン。ちょい悪おやじの服装。はぁ、聴きたかった。

嘉風VS琉鵬
右で張った琉鵬。引いて、引いての嘉風。左がのぞいて、俵を使って堪えて、ぶちかまして押し倒した嘉風。良い相撲ではないですけど、反応の早い相撲だったと思います。踏ん張りどころの嘉風。

十文字VS春日王
変わったのか、飛んだのか、なんだか中途半端な立ち合いをしてしまった十文字。春日王に簡単に引き落とされてしまいました。「作戦の誤り」だと解説親方にぼろぼろに言われてしまっています。
花道レポ:「足は大丈夫です」BY 十文字 負け越しのショックが大きいそうです。←ワタクシも

寶智山VS旭鷲山
旭鷲山の思惑にハマッテしまいまった寶智山。踏ん張りどころ。
下半身を鍛える事 BY 小島調教師 ←同感

普天王VS北勝力
立ち合い2度合わず。普天王が北勝力の間合いを嫌いました。
立ち合いの息が合わず、何も出来ずに普天完敗。残念。こういう一番で勝てないのが何とも残念。

安馬VS豊真将
豊真将が緊張していましたね。安馬は気合十分。
ぶちかます安馬。もろてから左右の突き。右かちあげの時に、肘が豊真将の左頬に入り、豊真将の体勢が崩れます。右を差して間髪いれずに攻め続けた安馬。豊真将良いとこなしで終了。しかしこれは良い相撲でしたよ。豊真将がスピードをつけたら、この二人の対戦は今後も好取組みになるでしょう。1敗キープ!
ふじ子様の頑張る力士を応援します復活しておりますよ。

あー、そうそう。刈屋アナが小手投げ、って言ってたんですけど、どっちがどっちに?
豊真将が安馬にですよね?

高見盛VS旭天鵬
立ち合い左に動いて上手を取った旭天鵬。一気に持って行き、タカミン土俵外。(ノ∀`) アチャー
あっという間の出来事。「気合が空回りな一番」BY 親方 ←きついなぁ。

稀勢の里VS玉乃島
キセノン当たって引き落とし。立ち合い玉乃島が当たった時に、頭が下がりすぎていて足が流れていました。良い相撲ではないですが、キセノンは体感したのだと親方。なるほど。

把瑠都VS雅山
雅山は前に出ました。が、引く相撲だと怪我するんですよね。親方の解説的外れ。足首がかえらなかったので、膝をやってしまった把瑠都。凄く心配ですが、試練です。頑張れ!

琴欧州VS露鵬
立ち合い左に動いて左上手を取った露鵬。引き付けての寄り。二人して土俵下に倒れこんだのですが…。土俵を割っているのですから、琴欧州がまわしから手を離さないと…。怪我の元。危ないです。露鵬の腰がだんだん割れてきましたね。

栃東VS千代大海
千代大海がつっかけます。踏み込み栃東。左とって組み軽いつっぱり?攻め続ける栃東。うーん。復調の栃東。びすたり様のブログで解説はどうぞ。

白鵬VS栃乃洋
付け人:望櫻、春日国、桜乃富士

小島さん談:足腰が凄く良い。十両に上がって来た時から注目している。←うーん。お目が高い。

仕切り:
栃乃洋が先に仕切って待ちます。

相撲内容:
左を取りに行きますが取れません。それにはこだわらず、白鵬、突っ張って攻め、突き落としを完全に喰いそうになる前に二人でジャ~ンプ!物言いなし。

感想:
立ち合いで左を取りに行く時に、横から取りに行くのでそれが良くないです。右膝が悪いせいか、右足が土俵すれすれまで降りませんね。だから左が思うように取れないのでしょう。我慢のとき。いつかきっと取れますよ。取れなかったら突っ張って、攻め続けている。それは評価できると思います。足が揃ってしまうのは、今の膝の状況を考えると仕方ないでしょうね。相撲内容に満足は出来ないけれど、今はぐっと我慢。←私。

熊ヶ谷親方が以前解説で指摘していた、白鵬の突っ張りの悪い癖。背中が伸びる。
今日もそれがでましたけど、今場所は完璧を求めてはいけません。膝が悪ければ腰も割れない。土俵際、親方が龍皇に指摘しているように腹を突き、出せればベストなのでしょうが、膝が悪いなら無理する必要は無く、最悪相手のまわしを掴んで組むのもありかと…。怪我しながらの相撲って、頭が必要ですな。

軍配が白鵬に上がっているのに、土俵下の審判を眺めて、物言いが無いか白鵬確認していました。きわどいと思ったんでしょうね。突き落としを喰らう前に白鵬が攻めた。初日の稀勢の里との取組みとの違いはそこにあるのでしょう。

やはり最近の傾向として、攻めている力士に軍配が上がった時は、絶対に物言いつきませんね。攻められている栃乃洋の体が飛んでいる。白鵬も同時に飛んでいるけれど、攻めている側。そう解釈しました。攻め続けることの大切さを白鵬は、学んだでしょう。

今日は把瑠都の怪我を見てしまったので、その後の取組み全部ドキドキしながら見ていました。白鵬は今場所残り、絶対に怪我を悪化させない事。それだけです。

宮城野部屋を応援するtaka先生のスポーツ&カイロプラクティックZAWA先生の黄金の右足もどうぞ!

朝青龍VS琴光喜
予想通り。






 明日の注目取り組み 
後ほどUP致します。






スポンサーサイト

コメントの投稿

Secre

Re:桜吹雪さん

桜吹雪さん

>嬉しいんだろうな

こんばんは。ご想像通り、凄く嬉しかったですよ。小島さんがゲストに来ると知ってから、どんな放送になるかとずっとわくわくしていました。



>相撲の話をもっと聞きたい

凄く難しいところなんでしょうね。違う世界で活躍されていますから、本職ではないスポーツについて語ることはやはりなかなか公共の場では出来ないのではないでしょうか?



>白鵬

今場所は、怪我を悪化させないこと。それが大切です。



>安馬

そうですね。185前後ありますからね。



>朝稽古

高砂部屋ですかぁ。なるほど。本場所中でも朝稽古見学可能なんですね。



>把瑠都

以前から把瑠都の足腰については色々言われていましたし、素人目に見ても足があまり丈夫だとは思いませんでしたから…。倒れ方もたまに危ない感じでしたしね。心配ですが、これを乗り越えてもらわないと…。

相撲中継

こんばんは。

馬好きのGacktohさん、嬉しいんだろうなと思いながら中継を見ました。(そしてやっぱり嬉しかったようで!笑)

先日、星野仙一さんがゲストでいらしており、野球も星野さんも好きな私は話を楽しみましたが、相撲の話をもっと聞きたいと正直思いました。星野さんも小島さんも相撲に詳しいのでいいですが、たまに踏み入った話のできないゲストがいるとフラストレーションになります。。。

さて、本日の「相撲」。

白鵬、私も土俵際ヒヤリとしましたが、スローで見ると相手を見ているようなので(見てますよね?)、足が万全ではないが、少しずつ勘はもどっていると確信しております、、、

安馬は素晴らしいですね。上ってくる千代の富士のようだ、と小島さんがおっしゃっておりましたが、安馬の綱姿まで想像してしまいました、、、安馬は軽量ですが決して上背は低くないんですよね。

朝稽古は、ミーハーでスミマセン、、、朝青龍の、横綱の朝稽古が見たく高砂部屋に行きました。横綱は現れませんでしたが、朝赤龍と皇牙、泉州山などいました。若い力士の「可愛がり」と股割りの稽古を見てこちらが痛い気分でした。

今日把瑠都が土俵に足がついていない、みたいなことを言われておりましたが、本当に実際に幕下各力士と序の口序二段力士の稽古を見てすり足の違いがわかりました。把瑠都、早く上がりすぎて足の裏が付いていかないのでしょうね。今日の足の具合が心配です。無理して三役がもっと遠くなるより、大事をとって三役がより近くなることを願います。

スミマセン、また長くなりました。

Re:トーマスさん

トーマスさん

>チョイ悪親父との飲み屋での話

こんばんは。角界と競馬界、って結構繋がりあるんですよね。どういうわけか。もしかして勝負師同士だから、何か通じるものがあるのでしょうかね。体格は全然違うんですが。(笑)しかしねぇ、勝昭タンのお宝映像が流れるたびに、うーん、この方相当遊んでおられたな、なんて思うわけです。そして今も、チョイ悪オヤジ。それがまた、可愛かったりするんですよね。凄く微妙な方。あの疑惑の一番も、飲んだ勢いで、俺が負けてたなんて・・・。(笑)そういえば、葬式の時も、あれは俺の負け、とか言ってましたよね。まさか葬式前に飲んだんでしょうか?なんて事はないですよね。



>>安馬VS豊真将

>安馬も「胸を貸す」という立場

ふわぁー。言われてみたらそうですね。いつのまにやら、そんな立場に…。若い若いと言っていても、こうしてどんどん立場は変わっていくのでしょうね。しかし今場所の安馬は、日に日に体に張りが出てきていますね。楽しみで仕方が無いです。







Re:ふじ子さん

ふじ子さん

>>豊真将が安馬にですよね

>そうです。

こんばんは。なんだかですねぇ。私にはこれが小手投げに見えなかったんですわ。どうしてかわからないんですけど。豊真将が安馬の腕を握っている場所がちょっと微妙だったからでしょうか?わかりませぬ。教えてくださってどうもありがとう。



>最後まで攻めきりましたね、白鵬~~!

今は、綺麗な相撲とか、完璧な相撲を目指す必要は無く、怪我をして辛いながらも取る相撲をすれば良いとおもいます。白鵬が今出来る事を、一生懸命やったのなら、それで良いのです。完璧を求めるなんて酷です。



>小島さんの話

馬好きの私としては、「でしょ、でしょ」とか、納得しながら聞いていました。(笑)刈屋アナも、競馬実況とかしているので、色々質問していましたが、途中で、それは貴方個人的な質問ではないのですか?なんて思ったりしていました。



今日は親方の解説もなかなか聞きやすかったですよね。





ふむふむ

自分がよく知らないジャンルのゲストの方が来られると、ちょっと距離を置きがちなんですが、今日はチョイ悪親父との飲み屋での話とか(笑)おもしろかったです。でももっと相撲の話をしたかったのでは…と思ったり。



>安馬VS豊真将

安馬も「胸を貸す」という立場になったのかぁ…と実感しました。お楽しみはまだまだ続くはず。

小島さん

>豊真将が安馬にですよね

そうです。って エラそうなワタシ(苦笑)言い換えて・・そうだと思います。



そうそう今はぐっと我慢我慢・・でも近いうちガンガンいってくださいよ~~!

最後まで攻めきりましたね、白鵬~~!



馬のことは全然分かんないけど小島さんの話は面白かったです。ポイントを上手く掴んで分かりやすく話される方ですね~~
プロフィール

Gacktoh

Author:Gacktoh

「OMUSHO」は「OHSUMO」を逆から書いた文字列です。大相撲観戦記事を中心に更新しています。http://plaza.rakuten.co.jp/gacktoh/ のミラーサイトです。

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
食べ物
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
Monthly Archives
最新コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示
QRコード
QR
管理
カウンター
現在の閲覧者数
現在の閲覧者数:
リンク集
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサードリンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。