スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

白鵬:祖母ドロマさん死去

久しぶりに、白鵬の記事が沢山ありました。
でも少々悲しいお知らせです。

 日刊スポーツ
白鵬が20日、静岡・藤枝市で再開された秋巡業で悲しみを乗り越えて再出発した。17日にモンゴルに住む祖母ドロマさんが96歳で死去。悲しさを胸にしまい、秋場所で敗れた稀勢の里、雅山らを相手に21番連続の申し合いを行った。秋場所初日に右ひざ関節を負傷して以来、本格的な申し合いは初めてだったが全勝。「巡業中だからお葬式に出られない」という無念さを吹っ切るように、けいこに没頭した。

子供のころから同居し、かわいがられてきた。「夏場所の初優勝後には、おばあちゃんをおんぶして山登りしたんだ。昔は逆に背負ってもらっていたのにね…」。思い出を口にした。応援してくれた亡き祖母のためにも、再び綱とりのチャンスをつかみたい。九州場所への心の糧ができた。

スポーツ報知
亡き祖母のため白鵬復活誓う!!
白鵬の祖母ドロマさんが18日に亡くなったことが分かった。96歳の大往生だったが「本当にいいおばあちゃんだった」と唇をかみしめた。この日は21番の申し合いを行い、秋場所で痛めた右ひざも「だいぶ良くなっている」と明言。秋場所の不振で綱取りは振り出しに戻ったが、亡き祖母のためにも九州場所での巻き返しを心に誓っていた。

サンスポ
秋巡業秋場所で綱とりに失敗した大関白鵬が、先月25日に「右ひざ関節挫傷で全治3週間」と診断されて以降、初めて関取衆とけいこを行った。小結稀勢の里らと21番をこなし全勝。「久しぶりにいい汗を流した」と復調を感じ取った。その一方で悲しい別れがあった。今月18日に祖母ドロマさん(享年96)が死去。名古屋場所後に母国モンゴルへ帰国したときに会ったのが最後で、「そのときは元気だったのに」と肩を落とした。12勝3敗で十両優勝を果たした平成16年春場所後に帰郷した際、一緒に山登りしたことが記憶に残っているという。九州場所では綱とりへ一から出直しとなる。「次の場所が綱とりではないのは不思議な感じ」。亡き祖母のためにも、復活の足がかりを作る。(江坂勇始)  

毎日新聞
○…大相撲秋巡業の静岡場所が20日、静岡県藤枝市の県武道場であり、大関白鵬が約20番の申し合い。幕内のけいこで最初に土俵に上がって40分間、稀勢の里や琴奨菊らを相手に力のこもった相撲を見せた。

○…大関昇進後の春巡業は連日けいこに臨み、夏巡業も「5日間で100番」と高い目標を掲げたが、秋場所で綱取りに失敗した「傷心」からか、秋巡業初日の14日は土俵にも上がらなかった。

○…しかしこの日は精力的にけいこを積む姿が戻り、ぶつかりげいこでは静岡県出身の十両片山を再三土俵に転がして、3500人のファンを沸かせる場面も。「早く綱を取りたい」と語る21歳。仕切り直しを誓った。

総合すると、毎日新聞の記事が一番アバウトですね。

申し合いは21番。
秋巡業初日に土俵に上がらなかったのは、膝の怪我の様子を気にしていた為。

テレビ番組だったか、雑誌だったか記憶が不確かですが、
白鵬のおばあちゃまの写真出ていましたね。
96歳とは大往生。
葬式に出られないのは残念でしょうが、仕方が無いと思います。
力士って、そういう仕事なんです。
力士だけでなく、葬式に出られない仕事ってありますし・・・。

葬式で思い出すのは、北の湖。
自分の父親の葬式よりも、師匠の葬式を優先し、父親の墓前で泣いて詫びた…。


静岡での巡業
白鵬、かなり稽古していたようですね。
巡業に行かれた方からも聞きました。
誰の目にも、白鵬が一番稽古していたとわかるほど、土俵に上がっていたそうです。

十両の稽古の時間帯から、胸を出したりしていたそうです。
猛虎浪や龍皇がいるからだとも思うんですけど、稽古するのはいいことです。


21番全勝
全て勝ったというのが、良いではないですか!
番数も重要ですけど、白鵬は1つ、2つ、落とすんですよね。
それが無いというのは、よろしい!

10番でも20番でも良いので、今の白鵬には落とさない稽古をして欲しいなぁ、と思ったりします。


おばあちゃまが生きている間に、優勝できて良かったですね。
次に帰国するときは、いい報告をもって帰れると良いんですけど。

ただぁ、親族の死をモチベーションに変えるというのは、
個人的にはあまり好きではないのです。
結果が出た後に、「おばあちゃんのお陰だ」と思えるとベストだと思うんです。








スポンサーサイト

コメントの投稿

Secre

Re:びすたりさん

びすたりさん

>これでまた渋滞から解放される

こんばんは。見事に渋滞ないですよね。でも最近雨多くて・・・。雷もごろごろ。出かける気分じゃなくなってしまいますよね。



>モンゴル人って長生きなのかしら??

どうなんでしょうね?私は全然しりません・・・。



Re:トーマスさん

トーマスさん

>記事を並べてくださってありがとうございます。

こんばんは。久しぶりだったので、全部載せてみたくなりました。(笑)



>サンスポの記事

どの記事がどれくらい正しいのかわからないですけど、十両でも幕内でも優勝したら、おばあちゃまを背負って山登りなんですよね?



>変わらず見守ってくださってるのでしょうねぇ。

この言葉凄く素敵ですね。白鵬にプレゼントしてあげてください。(笑)



>大鵬の講演の映像を観る機会があった

うわーぁん。私も見たいです!でも、ちょっと声が聞きにくいですよね。徹子の部屋の時にそう思ったのですが・・・。



>親の死に目に会えない仕事だからこそ、3日の出場停止処分は非常に重い

なるほどぉ。大鵬さんはそのように説明されましたか・・・。

勉強になります。



ご無沙汰ですっ

Gacktohさん、こんにちは~。

連休なのに連休な感じがしなくて悲しいびすたりです。でもっ。これでまた渋滞から解放されると思うとホッとします~。



ホント96歳って大往生ですよね。モンゴル人って長生きなのかしら??

大往生

記事を並べてくださってありがとうございます。

私、サンスポの記事だけ読んで、「平成16年春場所後に帰郷した際、一緒に山登りした」→「享年96」→「…てことは94歳で山登り!?」と(不謹慎ながら)ビックリしてたところだったので。

ともあれ、場所は違っても、これからも変わらず見守ってくださってるのでしょうねぇ。



>力士って、そういう仕事

大鵬の講演の映像を観る機会があったのですが、そのなかで、親の死に目に会えない仕事だからこそ、(逆に言えば)3日の出場停止処分は(その点も含めて)非常に重いものなんだと話していたのを思い出しました。

プロフィール

Gacktoh

Author:Gacktoh

「OMUSHO」は「OHSUMO」を逆から書いた文字列です。大相撲観戦記事を中心に更新しています。http://plaza.rakuten.co.jp/gacktoh/ のミラーサイトです。

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
食べ物
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
Monthly Archives
最新コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示
QRコード
QR
管理
カウンター
現在の閲覧者数
現在の閲覧者数:
リンク集
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサードリンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。