スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第55回全日本選手権

 毎日
アマチュア相撲の日本一を競う第55回全日本選手権が10日、東京・両国国技館であり、日大勢同士の対戦となった決勝で市原孝行(4年)が深尾光彦(3年)を降して初優勝した。市原は10月の国体個人成年Aにつづきアマ2冠で、大相撲の幕下10枚目格付け出しの資格を獲得。01年に幕下付け出しの位置が変わって以降、初の10枚目格取得者となった。

学生横綱の森友樹(同4年)は16強止まり。連覇がかかった吉田勝雄(九州電力)は決勝トーナメント2回戦で敗れた。高校生でただ一人出場した佐久間貴之(埼玉栄高3年)が、04年に3位となった沢井豪太郎(同高3年=現大相撲十両の豪栄道)以来の8強入り。

◇勝ちに徹し…8戦中、五つがはたき込み

落ち着いていた。日大の田中監督は「ポカ以外、負けることはないよ」。言葉通り、市原は勝ちに徹した。この日の8戦中、五つがはたき込み。だが、「はたきも自分の相撲」と意に介さない。近大の増田との準決勝は左を絞られたが、慌てなかった。突き起こして距離を取ると、最後は上から押しつぶすようなはたき。「強いですね。『負けない』と自信を持っている」と増田もうなるしかない。

182センチ、165キロの恵まれた体格で、四つでも、突き押しでも相撲が取れる。決勝は高校の後輩、深尾を左四つから一気の寄り。「(出たがる)自分に負けないように、じっくりと」。相手の動きを見て相撲を取る余裕があった。

愛知・御田中、埼玉栄高で横綱に。全国学生選手権は準決勝で左ひざを痛め、学生横綱のタイトルは逃したが、最後にアマ最高峰のタイトルを得た。幕下10枚目格の付け出し資格を手にし、注目される相撲入りについては明言を避けたが、「幼いころから夢ではある」。夢の実現へ大きな弾みとなるはずだ。【飯山太郎】

○…出場64選手中、ただ一人の高校生、佐久間が8強入りの健闘。最初の試合で西日本学生選手権優勝経験がある奥谷猛(近大4年)を寄り倒して勢いに乗ると、186センチ、140キロの恵まれた体と柔らかさを生かし、決勝トーナメントでも大学生2人を撃破。「思った以上に体が動いた」という。埼玉栄高の山田道紀監督は「(先輩の)沢井よりスケールが大きい」。日大に進学する佐久間は「プロに行くために鍛える4年間と思って頑張ります」。

アマとプロの格差

以前コラムに「プロとアマの差が一番大きいのは、相撲と囲碁」とありました。
普天王に聞いてみたい。

囲碁の世界は全くわかりませんが、相撲は絶対にそうだと思います。
アマで横綱になっても、プロで横綱になるのは難しいです。
過去20年遡っても、尾曽の大関が最高位です。
相撲が全然違うのです。

随分前の相撲雑誌に、豊ノ島と琴奨菊の対談が載っていましたが、
「変な癖がついてしまう」とか ←勝つための相撲?と言っていましたっけ?
「高校に行かず角界に入っていたらもっと早く番付が上がっていた」
というような事が書いてあったのがとても印象的でした。
稀勢の里を見ていてそう思うのだそうです。

「はたきも自分の相撲」と言っていられるのは、アマの世界だからだと思うのです。
プロになったら、それは通用しないんじゃないかと…。
幕下10枚目格の付け出しで、多分角界入りすると思うのですが、壁にぶち当たるでしょうね。

良い部屋、良い親方に出会う事を期待します。
私的には、千賀ノ浦部屋をお勧めします。
だって前に親方、「得意技が叩きこみですいません」と中継で言っていましたから。

そうそう、この市原さんって、去年、下田の10枚目付け出し資格を奪った相手ですよね?
もし市原さんが、初場所に初土俵を踏むなら、下田より番付が上になるんですけど…。注目です。



佐久間君とLEE君 ←高校生なので「くん」にしてみました。

「プロに行くために鍛える4年間と思って頑張ります」と佐久間はコメントしていますけど…。
プロになる気があるなら、大学行く必要ないんじゃないかと思うのは私だけでしょうか?
何があるかわからないから、学歴くらいは、って事でしょうか?

気持ちはわかるんですけど、少々残念です。
無駄な4年間にならない事を祈ります。

一方、LEE君は、春日野部屋に入門するんですよね?
確かもう直ぐ部屋で暮らし始めるはず…。
今日の大会には、段が足らずに参加できませんでしたが…。
LEE君の選択が吉と出るか、佐久間君の選択が吉と出るか、こちらも楽しみです。

余談ですが・・・。
「LEE」という苗字は、韓国、中国、共にあります。
LEEの苗字を持つスポーツ選手が出場すると、必ずと言って良いほど観客席に
"LOVE LEE"と書かれた物を発見します。
Lovelyと掛けているんですけど、結構引きます、ワタクシ。
国技館で見ない事を祈ります。



豊真将

先場所活躍した豊真将。
大学時代に一時相撲をやめています。
それが逆に良かったと、相撲雑誌には書いてありましたが、わかる気がします。

因みに現在幕内にいる歴代優勝者は、琴光喜、高見盛、普天王、嘉風です。
大学に行く理由が今ひとつわからないワタクシなのです。
大学出ているお前が言うな!と突っ込まれそうですが、
日本はまだまだ学歴社会なのでしょうか?

プロになるなら、早く角界に入った方が良いのではないのかなぁ?と思うんですけど。










スポンサーサイト

コメントの投稿

Secre

Re:元祖六分儀さん

元祖六分儀さん

はじめまして、ですよね?こんばんは。



>プロの一番下とアマの一番上の差



確かにそれもあると思います。と同時に、TOP同士を比べるのもまた成り立つと思います。私が読んだコラムは、関取のみを一人前のプロ?として認めた上での話で、学生相撲のTOPがプロとして入門しても、関取との力の差は歴然という内容の物でした。そして現実として、付け出し資格を持ち入門しても、なかなか上り詰められない事も考慮すると、そのコラムの言わんとする所も納得だったのです。



プロとアマの差が一番大きいのは、相撲と囲碁

「プロとアマの差」と言うと

プロの一番下とアマの一番上の差を言うべきで

そういう意味では囲碁の差は小さいし

相撲では差が存在しないと思います。(まー序の口力士も一応プロですので)

Re:トーマスさん

トーマスさん

こんばんは。「お客さんを喜ばせる相撲」との言葉を、安馬から説教くらいそうですね。あっ、アマと安馬をかけたんですか?今書きながら気づきました。



>そらなんと言うても「ジェニ(銭)」やと思うんですわ~(θдθ)y─┛~~



タバコすってるし…。国技館禁煙になったんですけど。

  _、_

( ,_ノ` )y━・~~~  灰皿は?



真面目に語れば…。

叩きこみでOKとか言って、かなり相撲ファンには反感をかったと思いますよ。それでも上等!悪役に徹する、と言うのなら、それを是非貫き通してみんしゃい!とも思います。それくらいの根性がなかったら、プロは無理!ばっさり。



>引退までの時間が短くなる



色々な意味で22歳は遅すぎます。大学に通いながら相撲部屋にも通って稽古してくれたら別なんですけど、そんな事は無理でしょうしねぇ・・・。









安馬兄さんに聞いてみたい

>「はたきも自分の相撲」

プロっちゅうもんは、そらなんと言うても「ジェニ(銭)」やと思うんですわ~(θдθ)y─┛~~

勝って自分が得るお金と、見せて(魅せて?)お客さんを呼ぶ意味でのお金と。なので叩きは…。



>プロに行くために鍛える4年間

そのぶん引退までの時間が短くなるんで、もったいないとも思いますな。

Re:けんじ母さん

けんじ母さん

こんばんは。



>息子も見に行ってみたようです



そうなんですか!それはきっと良い勉強になったでしょうね。

それに良い刺激にもなったはずです。良かったですね。



>大会の様子を聞いたとたん、声のトーンが変わって



やはり相撲が大好きなんですよね。誰かに話したくなっていた時に、ちょうどタイミングよく電話をされたのではないでしょうか?良いものを見たら、やはり誰かに聞いて欲しいですし。



>もっと勉強にいかせんもんかと・・・



でも、相撲の勉強には絶対になっていますよね。

それでまずはよし、としましょう!



>私は今回は東京に行けなかったので残念でした(TT)



深夜に放送されていましたがご覧になりましたか?でもやはり生のが良いですよね。







Re:康一256さん

康一256さん

こんばんは。



>一番伸びる時期に活動休止するのが問題



やはり学歴が関係するんですよね。勉学と共にスポーツをするのが理想ではありますが、そうではない道もあっても良いと思うんですけどね。



>(でも、アメフト、バスケの選手の大卒多いです。)



形態がまた違いますから比較は難しいのですが、アマとプロの格差が出来る仕組みになってしまっているのも、相撲界の現状かもしれないですよね。



>プロの入るのなら早いほうが、いいと思います。



私もそう思うんですけど、なかなか難しいんでしょう。





Re:第55回全日本選手権(12/11)

こんにちはー

息子も見に行ってみたようです

なかなか携帯につながらず・・やっとつながったのんにかえってくる言葉は、面倒くさそうな返事なんですが・・

大会の様子を聞いたとたん、声のトーンが変わって・・早口で「誰と誰の試合は立会いがこうで・・こう勝って・・」

てな具合で・・いきいきと話してくれます。。

人の名前や取り組み、試合の流れ・・すごい記憶力に感心するとともに・・もっと勉強にいかせんもんかと・・・

私は今回は東京に行けなかったので残念でした(TT)

追記です。

プロの入るのなら早いほうが、いいと思います。

ただ、教える立場となったら、トレーナー等の

勉強が、必要でしょう。

(教えるのに理論は、必要)

と言っても日本では、現役をやめたあと

そこまで、勉強してる人は、少ないです。

プロアマ格差

野球、サッカーどころか、日本のスポーツの

全般に言えることですが、受験の時期(高、

大学時期に)一番伸びる時期に活動休止する

のが、問題と言われてます。



アマ(特の学生)は、目の前の大会を目標

にするのと、型にはめる指導者が、多く、

大器晩成型や、規格外(器の大きい)を

育てにくいと思います。

アメリカのスポーツ関係の本で、毎日

トレーニングしてから、5時間ぐらい

勉強出来る環境が、望ましいとありま

したが、それが、出来たら超人です。

(でも、アメフト、バスケの選手の

大卒多いです。)
プロフィール

Gacktoh

Author:Gacktoh

「OMUSHO」は「OHSUMO」を逆から書いた文字列です。大相撲観戦記事を中心に更新しています。http://plaza.rakuten.co.jp/gacktoh/ のミラーサイトです。

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
食べ物
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
Monthly Archives
最新コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示
QRコード
QR
管理
カウンター
現在の閲覧者数
現在の閲覧者数:
リンク集
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサードリンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。