スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

蹴手繰り その2

蹴手繰り その1の続きです。


変化について 蹴手繰りも含みます。

そこまでして勝ちたいか!
それをしないと勝てないのか!

これが私の持っているイメージです。ミニミニ力士の変化は、するべきだと思っていますし、他の力士もやってはいけないとは思っていないのです。ただ、時と場合によると思っています。

ずーっと昔に遡れば、霧島が大乃国を変化で破った一番。大乃国は普通の顔をしていました。私はあれを見たとき、白星は霧島だけど、本物の勝者は大乃国だと思いました。その後(1991年初場所だったかな?)霧島が大乃国にうっちゃりで勝つまで、私は霧島の勝ちなんぞ認めん!と思っていたのでした。そして去年の九州初日。白鵬が変化したにも関わらず負けて、良かったよぉ~、と思ったのです。土俵の神様ありがとう、だったのです。

稀勢の里が、「癖になるね」とコメントしたように、私は贔屓力士には、やりたければやれば良い、でも、勝って欲しくないと思っているのです。嬉しくないのです。例え蹴手繰りでも、私にはだから?なのです。同じ日に栃東が変化しました。私は「あり」だと思いましたが、栃東贔屓の方々が凄く怒っていたり、悲しんでいたり、心配していたり、本人でもないのに謝っていた気持ちが痛いほどわかりました。

贔屓だからこそ嫌なのです。残念なのです。見ている側の勝手な思い出はありますが、相撲ってお客さんに喜ばれてなんぼ、の部分もあると思っています。




朝青龍のコメント

この蹴手繰りの件よりも、私がびっくりしているのは、朝青龍のこの取組み後のコメントです。本当に必死に言い訳している、って感じで…。いつもと違いましたよね?あれがどうしても気になってしまって…。

その流れからか…。朝青龍が「自分自身がライバル」と言っていた事に関しても、記事や解説では、他に朝青龍を脅かす存在は無いから、との受け取り方をしているようですが、今までならその解釈を私は受け入れました。でも今回は、全く逆に私は感じました。何か朝青龍が、切羽詰っている感じがするのです。悪いことは悪いと言えるお相撲さんだったはずだと。




以前の蹴手繰り

千代大海に蹴手繰りで勝った時のコメントが、私のメモには残っていませんでした。

○朝青龍(蹴手繰り)出島● 2001年九州場所 3日目
蹴手繰りの奇襲で勝った内容に不満。「狙っていたのか」の質問に、「立ち合いが合わなかった。そういうつもりはなかった」と声にいつもの張りがなかった。蹴ったのは、蜂窩織炎に苦しむ出島の右足。さすがにばつが悪いのか「勝負だからやっちゃった。すんません。あしたは元気のいい相撲を取ります」と反省していた。

このコメントが本心ではなかったのか、今回のコメントが本心ではないのか、それは朝青龍にしかわかりません。でも私が想像している朝青龍は、悪い事は悪いと言える力士、勝っても内容に不満が残れば、それを分析できる力士だと思っていたのです。今回の取組み後の朝青龍のコメントには、なんでそんなに必死なの?との思いが強く残りました。

5度目の全勝優勝をしましたが、内容を見たら、今回は明らかに最下位ではないのでしょうか?それを朝青龍自身が一番わかっているからこその、コメントだったのかな?とも思ったりしました。勝ちを誇示するためのコメントではないのか?と…。




千秋楽の千代大海との相撲

千代大海が片腕使えていなかったから良かったような物の、踏み込みなしの棒立ちの状態。のど輪で突かれて、朝青龍があんなに反り返るなんて…。負ける相撲ではないにせよ、びっくりしましたよ、私は。とても安心して見ていられる相撲ではもう無くなっています。

この相撲を見て、「受けてたつ相撲」は、もう朝青龍にはできないのか?と危惧しました。
だから蹴手繰りだったのか!と、妙に納得してしまったのです。




同じ相手に負けない

同じ相手に負けたくない。それはよーくわかるのです。朝青龍の負けず嫌いは、すごーくよくわかりますし、立派です。でも私は「結果として負けなかった」では無くて、「どうやって勝ったのか」に注目したいんです。そこを私は楽しみたいのです。

負けた相手に、今度こそは、と向かっていく姿が好きなんです。今度こそと思い取組みをし、負けても勝っても、その姿勢を私は楽しみたいのです。勝つことではなく、勝つ過程が素敵なのです。朝青龍なら、稀勢の里が勝った時と全く同じ相撲をして完勝出来たのではないでしょうか?

「何かしてやりたかった」の答えが、蹴手繰り、って…。お粗末だと思ったのです。朝青龍ってそんなに小さな器の男だったのかと…。何故稀勢の里ごときに、そんなにカッカしているの?と…。普通に取組みして、普通に勝って、普通の顔して、さようなら。それでこそ、朝青龍の強さが表現できるのではないか?と…。

朝青龍を過大評価していたのかもしれない、と残念で仕方が無いのです。
朝青龍なら他の方法があったはず、と思えるからこそ残念なのです。

「逃げるのも勝つための手」なんて事は、私は認めたくないです。それは朝青龍の援護ではなくて、馬鹿にしているとも取れます。朝青龍って、逃げる相撲をする力士なんですか?





稀勢の里

鳴戸親方はその日の夜「横綱がお前の迫力に負けて逃げたんだ。胸をはれ。」と言った事。

これは私はその通りだと思います。この解釈が成り立つ事も事実でしょう。ただ次の日、稀勢の里は千代大海に対して、中途半端な変化相撲をして黒星。私は、がっくりでした。どうせなら蹴手繰りしたら良かったのよ!勝っても負けても、何かが得られたはず!私が鳴戸親方なら、「蹴手繰り指令」を出しました。別の展開が楽しめたかもと…。

変化相撲になると、喰らう相手もどうなの?と言う話になります。実際そうだと思います。でも朝青龍との取組みに関しては、稀勢の里を責める気にはなれません。蹴手繰りが単純な変化より崇高な技(私はそうは思っていないのですが)であると言うのなら尚更です。しかも平幕力士の「ソレ」ではなく、横綱の「ソレ」なのですから、私的には稀勢の里を責めるポイントが見当たりません。

それでも稀勢の里自身が、土俵に這った自分の姿を恥ずかしいと思い、喰らった自分が悪いと言っているのなら、「2度と喰らうな!」それだけの話です。





勝ちにこだわらない事

ここ数場所、白鵬は朝青龍と比較されますが、私は常々、同じタイプの横綱は2人いらないと言っています。白鵬は朝青龍から学ぶところはあると思いますが、真似をする必要はないと思っています。勝つ事へのこだわりが、朝青龍ほど白鵬に無いから、優勝できない。横綱になれない。といわれるのなら、
私の回答は・・・

ならば結構。上等だ!なのです。

贔屓力士が負けても、凄い相撲だったな、と心底思う相撲はあります。例えば、3月場所の優勝決定戦。
勝ってもなんだよ、とがっかりする相撲もあります。 優勝争いをしていた北勝力とのあの取組み。

勝ちにこだわり、取った手段が蹴手繰り。そして白星。朝青龍がそれに納得しているなら、それはそれで良いのです。ただ私はそれを贔屓力士白鵬には望みません。それは私の理想の横綱像ではないからです。訳もなく、「なんか嫌」なのです。見事に白鵬が蹴手繰りを決めたとしても、褒める事は絶対にないです。




酢豚のパイナップル

ぎゃっ。気づけば、つらつらと長ぁ~く書いてしまいましたが、結局私の意見も全て後付けなのです。
つまり理由がどうであれ・・・

とにかく嫌なのよ!って事です。

酢豚に入っているパイナップルのように、嫌いなのです。
ご飯にレーズンが入ったカレーライスも同様。

パイナップルなしのが酢豚はおいしいよ、って思っているのです。パイナップルが同様の効果がある梨に変わったところで、嫌な物は嫌なのです。白鵬には、パイナップルの存在をない物として欲しいと思っています。ピザの上にもパイナップルを乗せるなと…。




一番心配している事

気づけば白鵬の話で終わっているワタクシですが、白鵬が駄目な事をしたら、
先頭だってだめぇ~~!このぉ~~!と言えるスタンスではいたいな、と思います。

出来る事なら朝青龍の蹴手繰りを、白鵬の脳みそからDELETEボタンを押して抹消したいです。白鵬が蹴手繰りをかっこいい!とか思って、次の場所、蹴手繰りしてみるか?と模索していやしないかと変な汗が…。

ただただ今は、白鵬が同じ事をしませんように、と願うばかりです。
もぉ~今はそれが心配なんですわ。ワタクシ。

以上です。





あっ、九州場所の総括書いてないです。
昨日、友人に催促されてしまいました。大先輩の相撲ファン(長老)には今日、「白鵬が怪我して休場しちゃったから、見所少なかったわね!」と言われてワタクシ、「すみません」と…。何故私が謝る?「九州場所の感想は?」と聞かれ、「そのうち書きます」と言ってしまいました。

気が向いたら書きます。と言うより、時間があったら、つらつらと書きます。
明日UPが無かったら、無かった物としてくださいませ。







スポンサーサイト

コメントの投稿

Secre

Re:出人さん

出人さん

>ネット向き(笑)。

こんばんは。ネット向きですね。ではそのように解釈しておきます。(笑)



>今のスタイルに自信を持たれたらいいと思います。



わかりました。

精進いたします。(笑)







日本語が変

>私は、出人さんのように簡潔にまとめられないのです。そもそも私の日本語は絶対に変なので、いつも日本の家族から駄目だしされています。なので凄く長くなってしまう傾向にあるのですが、読みやすいようにせめて分けて書こうと心がけています。それを「整理されている」といって頂けると、素直に嬉しいです。

 日本語が変だとは全く思いません。論理がわかりすい、いい文章だと思います。ネット向き(笑)。



Gacktohさんに誤字脱字があるとか、文法上の誤りがあるというわけで言うのではありませんが、もちろんそんなものない方がいいわけですけど、そんなことよりも、言いたいことと、その理由がはっきりしてる文章の方がいいのです。



今のスタイルに自信を持たれたらいいと思います。

Re:asaさん

asaさん

こんばんは。場所が終わって直ぐ更新をお休みしていたのですが、その間に、蹴手繰りがこんなに話題になっていたとは…。びっくりしました。早速エントリーしていみたのです、読んでくださりありがとうございました。



>「工エエェ(´Д`)ェエエ工」



この絵文字、面白いですね。感情がよくわかります。



>朝青龍には40歳まで横綱



それは凄いですね。もし本当に40歳まで横綱でいたら、大記録どころか歴史がかわります。それはそれで見てみたい気もします。



私は、自分が一番の贔屓にしている白鵬の為にも、朝青龍には憎いほど強い横綱でい続けて欲しいのです。ただ、今場所ばかりは、蹴手繰りだけでなく、許さない!との思いがありました。朝青龍は一人横綱で頑張っているのはわかりますが、それでも完璧を求められる存在なのだと言う事をわかって欲しいな、って思います。



Re:出人さん

出人さん

こんばんは。

私は、出人さんのように簡潔にまとめられないのです。そもそも私の日本語は絶対に変なので、いつも日本の家族から駄目だしされています。なので凄く長くなってしまう傾向にあるのですが、読みやすいようにせめて分けて書こうと心がけています。それを「整理されている」といって頂けると、素直に嬉しいです。



>「逃げ」も防御技術



勿論そうなんですよね。ただ私は、朝青龍はそういう力士なのか?と言うところが引っかかったんです。私の思い描いていた朝青龍なら攻撃のはずだと・・・。そこが気になって気になって・・・。



>来場所の二人の対戦が楽しみ



これは本当に楽しみですね。勝ち負けではなくて、どんな相撲をするのかが私は非常に楽しみなのです。心理戦にもなるでしょうし。



>稀勢の里には今場所同様にガンガン行ってもらいたい



稀勢の里への期待は私はとても大きいです。千秋楽に泣いたと言うのもこれまた期待が持てます。♪涙の数だけ強くなれるよ♪って事にしておきましょう。









Re:トーマスさん

トーマスさん

こんばんは。



>お母ちゃん、おかわり!



1杯までですよ。それ以上は、玉ノ井部屋で。

って意味わかります?渋谷の話なんですけど。



>ありがとうございます(笑)



何故笑うぅ~、と突っ込んでおきます。^^



>『相撲道』(≠スポーツ)」をまい進する姿



うわぁー、これ凄くわかります。本当にわかります。つまり蹴手繰りがいけない技と言っているのではなくて、それがあなたが望む物なのですか?本当ですか?どうですか?って事ですよね?わかるなあぁ~。わかる。



>もう一人、タイプの違う横綱が欲しいなぁ~(σ´∇`)に尽きます(<またかよ!)



でしょでしょでしょ。

一人横綱ってのは、やはりこんなに長く続いては宜しくないと思ったりします。それと同時に、比べる対象が一人しかいないと言うのも、相撲の幅が狭まってしまうのですよね。それがつまらん!ともなりかねないのです。



>内館女史、そういう作戦だったとは…(想像)



私も想像なんですけど、ここまで来ると疑ってしまうんですよね。批判される事を承知でしているとしか思えない発言が続くだけに・・・。してやったり、なんて内館さんはおもっているのかしら?



>「顔選択」に気づいた私って



すみませーん。また意味がわかりません。

顔選択って、もしかして、タイトルの横の顔選択?

これは、使えないように設定してあるので選択しても表示されないのですが、この選択枠は出てきてしまうのです。凄くダサい顔のアイコンが出てくるんです!勘弁してよ、ってくらいのヘンテコなんです。ご勘弁を。









Re:Satchさん

Satchさん

こんばんは。今回、あまり見直したりしていないので、どうなのかな?良いのかな?と思いながらUPしたのですが、お褒めの言葉を頂き嬉しい限りです。



>相撲知識序ノ口の私



そんな事無いと思いますよ。では私は、前相撲で。(笑)



>もっと熱戦が観たかった



相撲の知識があるなしに関わらず、もっと熱戦が見たかったという感想は、とてもわかりますし、そのような意見の方が多いのだと私は思います。黒木さんの「組んだ相撲が見たかった」なんてのは、その通りだと思ったりしました。



>安馬の変化みたいに怒り狂ったりはしなかった



それは、多分、贔屓力士かどうかの違いだと思います。私も怒りはしなかったです。ただただ残念だったのと、朝青龍の事をとても心配してしまいました。白鵬が同じ事を同じ場面でやっていたら、私は九州まで飛んでいって、延髄蹴りをしていたと思います。(笑)



>潔かった稀勢の里は偉い!と思いました。



本当にそう思いますよね。

そしてその気持ちを是非是非、次の場所に繋げて欲しいのです。



>横審に対する感想です(^-^;)



もうねー、この方々、うるさいんだよ!なんですよね。(笑)

でも、そういう意見もある、って事で聞き流すのが一番だと思っています。この方々の意見には、絶対性は無いので、聞いてあげますよ、ってスタンスで。(笑)



>総括楽しみにしている一人です



うわっ。それは嬉しいですが、ちょっと反省中。

早く書けよ、って事ですよねぇ。申し訳ないです。先ほど書きました。でもあまり気合が入らなかった…。満足いただける出来ではないと思いますが、お時間がありましたらどうぞ。いつもコメントありがとうございます。コメントが励みになっておりますよ。









けたぐり

こんにちは。蹴手繰りのエントリー楽しみにしてました

私は朝青龍の大ファンなんですが

確かにあれを見た瞬間、本当に「工エエェ(´Д`)ェエエ工」

って感じでしたね(笑)

朝青龍には40歳まで横綱でいてほしいなと思ってるんで

今場所は全勝優勝したけど色々しこりが残った感じでした。

さすが

さすがしっかり整理されていると思います。



ルール内であれば「逃げ」も防御技術のうちだと思っているので、「品格」などという流行語で責められる朝青龍が気の毒だと思っているのですが、いずれにしても、来場所の二人の対戦が楽しみなのは言うまでもありません。



稀勢の里には今場所同様にガンガン行ってもらいたいと思います。朝青龍には蹴手繰りで勝ってもらって、「ちょろいもんだ」と言って、ニンマリ笑ってもらいたいです。



顔選択

…変化なかった_| ̄|○ …「変化」なかった……おあとがヨロシイようで(汗)

お母ちゃん、おかわり!

(ちゃんと書かれた)皆さんの記事を拝見すると、相撲に対する愛がビシバシ伝わって来て、もちろんすべてに賛同し得なくても、なんか嬉しく思います。ありがとうございます(笑)

私自身としては、力士本人が「これぞと思う個々の『相撲道』(≠スポーツ)」をまい進する姿が見たい、というのが本音なので、正直アレについては「どっちゃでもエエけど、横綱本人は良しとしているのか!?」というところですかねぇ。

で、結論としては少なくとももう一人、タイプの違う横綱が欲しいなぁ~(σ´∇`)に尽きます(<またかよ!)



しかし内館女史、そういう作戦だったとは…(想像)。道理で、蹴手繰り擁護記事がやたらと目に付くはずですな(-д☆)



そして小声で重大告白ですが…今頃「顔選択」に気づいた私って………(大汗)。早速使ってみよう。

読み応えありました(^-^)

こんばんは。2つの濃いエントリー、興味深く拝見しました。さすが!

相撲知識序ノ口の私は「けたぐり」という決まり手があることすら知らなかったので(汗)「え、これって変化なの?それとも?」が第一反応でした。ただただびっくりというか。もっと熱戦が観たかったので残念ではあります。(何故か秋場所の安馬の変化みたいに怒り狂ったりはしなかったんですが・汗)Gacktohさんも別エントリーで書いていらっしゃいましたが、愚痴を言わず「けたぐりされる自分が悪い」と潔かった稀勢の里は偉い!と思いました。

けたぐりは横綱にあるまじきこと、と言われるのは納得がいくんですが、「けたぐり」という名前や制限時間いっぱいのまわし叩きにまで物言いがつくと、何だか批判というより言いがかりみたいだな…というのが横審に対する感想です(^-^;)

長々とすみません。私も総括楽しみにしている一人です(とプレッシャーをかけてみる。)
プロフィール

Gacktoh

Author:Gacktoh

「OMUSHO」は「OHSUMO」を逆から書いた文字列です。大相撲観戦記事を中心に更新しています。http://plaza.rakuten.co.jp/gacktoh/ のミラーサイトです。

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
食べ物
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
Monthly Archives
最新コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示
QRコード
QR
管理
カウンター
現在の閲覧者数
現在の閲覧者数:
リンク集
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサードリンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。