スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1部屋1人の「外国人枠」を「外国出身力士枠」に

ハート(手書き) 日刊スポーツ
日本相撲協会は23日に開いた理事会で、増加し続ける外国出身力士を制限するため、1部屋1人の「外国人枠」を「外国出身力士枠」に切り替えることを決めた。モンゴル出身の元横綱朝青龍が暴行騒動で引退したこともあり、相撲協会が変革姿勢を打ち出した形になった。

引き締め策を断行した背景には、日本国籍取得によって枠を空け、新たな外国人力士を入門させる“抜け道”を各部屋が察知しだしたことがある。直近では幕内猛虎浪と幕下大鷹浪のモンゴル出身2力士が昨年11月に日本国籍になり、ほぼ同時に九州情報大相撲部在籍のモンゴル人を入門させた立浪部屋の例が代表的。今後はこういう動きが許されなくなる。

外国人の幕内力士を弟子に持つ40代の親方は「強引な印象を受けるが、どこかで歯止めをかけなければ、外国人ばかりの相撲部屋が多くなるから仕方ない」と話した。全部屋の採用自粛、1部屋2人までの全体40人、1部屋1人と申し合わせは変わってきたが、外国人力士の数は60人に迫る勢い。角界が試行錯誤してきた問題は、外国出身の元横綱の不祥事直後に大きな転換期を迎えた。


外国出身力士が部屋に増える事よりも、無理矢理日本国籍取得を薦められたりする事態が発生したりしないのかな?と危惧していました。日本人の強い力士を待望する発言を親方衆はいつもしておきながら、自らの部屋の経営の為に?か外国国籍力士を入門させる現状。外国人枠を増やすためにも無理矢理に日本国籍を取得させられたりとかは今まで無かったのでしょうか?そっちのが気になります。

今後は、早く出世できない外国出身力士は、引退する事を強いられたりしていまうんでしょうか?
どっちにしてもなにやら複雑な気がします。















スポンサーサイト

テーマ : 大相撲
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

Secre

No title

テスト
プロフィール

Gacktoh

Author:Gacktoh

「OMUSHO」は「OHSUMO」を逆から書いた文字列です。大相撲観戦記事を中心に更新しています。http://plaza.rakuten.co.jp/gacktoh/ のミラーサイトです。

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
食べ物
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
Monthly Archives
最新コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示
QRコード
QR
管理
カウンター
現在の閲覧者数
現在の閲覧者数:
リンク集
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサードリンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。