スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010年 5月場所 11日目

 11日目 

【解説】
正面(幕下)二子山
正面(十両)枝川

【アナウンサー】
正面(幕下)太田雅英
正面(十両)岩佐英治

「きょうから終盤戦 白鵬VS魁皇 日馬富士VS把瑠都」

【解説】
正面(幕内)舞の海秀平
向正面(幕内)千賀ノ浦

【アナウンサー】正面(幕内)大坂敏久

<副音声>【実況】ロス・ミハラ

取り組み結果

幕下以下

青狼 vs 拓錦 寄り切りで、拓錦。

井上 vs 松緑 寄り倒しで、松緑。

光法 vs 直江 送り出しで、光法。 勝ち越し! 光法に改名して勝ち越せて良かった。

大露羅 vs 龍神盛 寄り切りで、大露羅。 やっとロラさんに初日。

豊後錦 vs 前田 寄り切りで、前田。

坂口 vs 大勇武 寄り切りで、坂口。

佐田の海 vs 旭秀鵬 掬い投げで、旭秀鵬。 これで場所後の昇進はほぼ無くなってしまった佐田の海。残念。

隆の山 vs 寶智山 ひっかけで、隆の山。 5勝目の隆の山。7番相撲は、多分、佐田の海と。

十両
 
益荒海 vs 上林 叩き込みで、上林。 う~ん。入れ替え戦だったのにねぇ。黒澤もったいない。次にかける。

松谷 vs 星風 引き落としで、星風。 星風に巧くやられてました。

大道 vs 境澤  蹴返しで、境澤。

清瀬海 vs 土佐ノ海 叩き込みで、清瀬海。

幕内

●臥牙丸 vs 北勝力○ 引き落とし
にゃんですかっ、こにょ立ち合いふぁ!ガガこれじゃだめよ!がんばれ。思いっきり行かないと幕内では通用しない。

○栃乃洋 vs 光龍● 掬い投げ
久し振りに栃乃洋の左を見たわぁ。素敵。

●玉乃島 vs 隠岐の海○ 寄り切り
もろ差しからの寄り切り。「もろ差しが隠岐の海の型」と舞の海。勝昭タンも「右四つと言いながら、右を差したところを見たことない」と言っていました。隠岐の海はきっと模索中なんでしょうね。きっと…。ただただ、隠岐の海は何を目標に相撲を取ってるんでしょうか?聞いてみたい。

そして玉乃島。来場所は十両になりそうです。がんばれ玉乃島。

○垣添 vs 高見盛● 素首落し
館内大盛り上がり。タカミンのずっこけ方。かっこ悪いのか、仕方ないのか…。お客さんには受けが良いようです。笑うのは失礼とは思いつつ、ツボ。でも怪我だけはしないで欲しい。

○阿覧 vs 旭天鵬●
もろ差しを狙った阿覧。右四つで左上手を先に旭天鵬が取る。旭天鵬がベストの形で軽々寄り立てるも土俵際、阿覧が腕力で体を入れ替えて逆転。驚きの相撲。場所中禁酒の阿覧絶好調。先場所1勝しか出来なかったのが良かったのかな?これで立ち合いの変化をなくしてくれたらなぁ。

●玉鷲 vs 徳瀬川○
徳瀬川が寄りたてながら足を掛けました、外掛け。変則相撲。びっくり。

本日幕内前半、面白い相撲が沢山ありました。

○鶴竜 vs 朝赤龍● 外掛け
これまた盛り上がりました。危ない感じで朝赤龍が倒れこんだので膝大丈夫かな?と思ったのですが、アングルの違うカメラで見ると全く問題なかったです。安心。

○栃ノ心 vs 安美錦● 寄り倒し
安美錦は負け越し。いつもの粘る&うるさい安美錦じゃないですから、どこか悪いのだと思います。お大事に。

○稀勢の里 vs 雅山● 引き落とし
茨城対決。キセノンが当たって直ぐにはたきこみ。つまらないお相撲。
辞めるようなお相撲さんがするような張り差し」BY 千賀ノ浦親方 ←最高!

○琴光喜 vs 白馬●
巧いなぁ、琴光喜。格の違いが一目瞭然。稽古場かっ! 白馬は何も出来なかったぁ。ホントに何も。 琴光喜はなんか報道されてますが…、場所中にこういう報道は迷惑ですよね。力士もファンも。

●栃煌山 vs 琴欧洲○ 勇み足
シャケが土俵際まで琴欧洲を持って行ったんですけど…。軍配琴欧洲。物言い、短い協議の結果、軍配通り。これは物言いつける必要もないくらい明らかに栃煌山の勇み足でした。もったいないぃ~!本当に勿体無い。「勇み足=稽古不足」と言いますから、栃煌山にはもっと頑張ってもらいましょう。

栃煌山はこれで7敗目。でも、なかなかいい相撲が多いんですよね、今場所。だから場所前のように場所後、またがんがん稽古すれば、来場所はいい相撲で勝てるのではないかと思います。がんばれ、シャケ。

○日馬富士 vs 把瑠都● 下手投げ
把瑠都立ち合いもろ手。残されて、見合って攻め込まれて最後には下手投げでひっくり返されて負け。把瑠都は足が出ないし、自分から責められない。仕掛けられない。日馬富士は一緒に回転するくらいの強引な投げ。すごい。
これで2敗は阿覧のみ。把瑠都は稽古不足で場所入りしてとても疲れているみたいですね。気の毒に思います。

○白鵬vs 魁皇● 掬い投げ
相撲内容:
立ち合いうさぎ跳び。お互い差せず、見合ってから左四つ。巻き替えは許しえてもらえず、上手も取れず、左から掬って掬い投げ。

感想:
やはり差し負ける白鵬。そして徹底的に魁皇の右上手を警戒している白鵬。魁皇は小手投げ行けなかったかなぁ~?ちょっと窮屈だったかなぁ~?横綱壊すわけには行かなかったのかなぁ~?

中継で白鵬の立ち合いの事を舞の海が言っていました。魁皇に突き飛ばされる(一気に持って行かれる)事がないからこの立ち合いだったと…。それもあるかもしれないですが、私が思うに、魁皇とは「差して争い」が一番のポイントなので、この立ち合いなのだと思います。魁皇と白鵬の差して争いは本当に毎回面白いです。

中継で紹介されていた「30連勝以上をしている力士」。2回やっている力士ってまれなんですね。
大鵬  4回
双葉山 2回
白鵬  2回
私たちは今凄い記録を作る過程を見ているのかもしれないですね。そう思うとやっぱり見逃せない。


~明日は把瑠都と組まれた白鵬ですが~
本来なら本日11日目、把瑠都と組まれる予定でした。昨日ブログを更新してから番付表と星取表を見ていて気づきました。本日11日目に白鵬に把瑠都を当てないとなると、必然的に千秋楽は白鵬と日馬富士になるんです。千秋楽の之より三役で大関戦が組めなくなるんです。他との兼ね合いで。本日11日目に把瑠都に当てなかった事で、もしかして把瑠都と白鵬の取り組みは千秋楽に持って行くの?わくわく♪なんて一瞬でも思った自分は“あほんだら”でした。まだまだ勉強が足りないです。

時事
角界には「割(取組)を崩す」という言葉がある。番付や慣例にとらわれずに取組を編成することを指す。
う~ん、これって間違ってますよね…。間違ってるというか説明不足。こういう記事ってどうなんだろう?相撲記者さんってお相撲知らない人多い気がするのは気のせいでしょうか?



宮城野部屋を応援する方々は、
taka先生のスポーツ&カイロプラクティックZAWA先生の黄金の右足もどうぞ!




本日のベスト力士:栃乃洋







そうそう。
ふじ子さんがブログ更新されてました。ふじ子ファン多いと思うのお知らせまで。




スポンサーサイト

テーマ : 大相撲
ジャンル : スポーツ

プロフィール

Gacktoh

Author:Gacktoh

「OMUSHO」は「OHSUMO」を逆から書いた文字列です。大相撲観戦記事を中心に更新しています。http://plaza.rakuten.co.jp/gacktoh/ のミラーサイトです。

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
食べ物
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
Monthly Archives
最新コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示
QRコード
QR
管理
カウンター
現在の閲覧者数
現在の閲覧者数:
リンク集
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサードリンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。