スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

番付編成会議がありましたの巻


 上手と下手

「上手と下手」をどう読みますか?
一般的には「ジョウズとヘタ」なんだと思いますが、このブログを読んでおられる方はなんの迷いも無く「ウワテとシタテ」とよんだことでしょう。相撲が終わったばかりなので、まだまだ相撲脳ですね。



 番付編成会議

十両幕下間。仲の国、城ノ龍、栃乃若、宝富士、佐田の富士、十文字、琉鵬、の7人が来場所十両となりました。驚くような編成があるのかな?と思っていましたが、想定の範囲内でした。個人的には、今更ながらですが、隆の山と渋谷には頑張って上がって欲しかったなぁ、と思います。



 横綱審議委員会

話は前後しますが横綱審議委員会。ここの記事を参考にします。
歌舞伎俳優の沢村田之助委員の発言に注目

NHKの名古屋場所生中継中止に関しては、委員である福地茂雄・NHK会長に批判が集中。福地委員は「(中継反対が)圧倒的な視聴者の声。仕方ない」としたが、沢村委員は「それは経営者の考え。日本中が中継を楽しみにしていた。NHKに寄せられた分だけが意見じゃない」と厳しく反論し、生中継の復活を要望した。

沢村委員はきっと「上手と下手」を「カミテとシモテ」と読むと思われます。歌舞伎俳優ですから。でも今回ばかりは意見があってしまいました。私がこのブログでずっと主張していた事と同じ事を発言してくださったようですっきりしました。

こんな事をNHKが言い続けるのなら、次の場所、中継するかしないかという事になった時、NHKに「中継しろ!」と相撲ファンは電話なりメールなりしなくてはいけないという事ですよね?中継して欲しかったら抗議してください、という事ですよね?世間に対して説明する時に「中継しろという意見が中止の意見を上回ったので」と言えたらいいという事ですよね? 

ひねくれた解釈ではなくて、ここまでくるとそう解釈しないといけないような気がしてきました。アフォかと思いますし、まったく残念ですが、NHKが譲らないなら致し方ない…。相撲ファンをなめすぎ…。



 相撲協会への提案

お相撲の中継を見られないというのはやはり非常に残念な出来事でした。次の場所、中継するかどうかまだ決まっていません。相撲協会の体質改善の兆しが見られなかったら中継中止も止むを得ないのかもしれないです。

万が一そうなった時、次は協会がNHKに「放送権料は要りませんから世界中の相撲ファンのために中継してください」と言って欲しいです。無料なら、相撲を見てない自称相撲ファンや詳しくも無いのに相撲を語るコメンテーターとかも文句無いっしょっ!

来場所は必ず中継して欲しいです。1場所でも見られないと流れがわからなくなってしまうのです。今場所幕下以下の放送が無くて、星だけ見て、どうしたんだろう?と想像するのは辛いものがありました。それに、やはり相撲は仕切りや土俵下での態度、全部含めて見ないと駄目なのです。




~簡単に総括~

 十両

魁聖 ⇒ 相撲はまだ下手なので今後に期待。人気がある理由がわかるお相撲さん。

佐田の海 ⇒ 幕下で相撲をしていた時よりお相撲さんとしての雰囲気が出ていました。いまどきのイケメンではありませんが、江戸時代だったらさぞかし人気のお相撲さんだっただろうなと思われます。相撲も時々、おっ!と思わせる事をするので、幕下時代の佐田の海より楽しめました。今場所は出ませんでしたが、佐田の海の「粘り腰」も必見です。時天空の様に曲がります。

将司 ⇒ 序盤から良い相撲をしていたので優勝しても驚きませんでしたがこんなに勝てるとも思っていませんでした。来場所は幕内です。頑張って欲しいです。

益荒海 ⇒ 部屋で色々あったせいもあり11日目まで黒星のみ。地元でもありましたからお客さんからは温かい声援が連日続いていましたが、気の短い私は途中から「もうそろそろどうにかしろ!」と思っていました。なのに最後の最後まで益荒海には温かい声援が続き、私は猛省しました。

松谷 ⇒ キャラはそれほど崩れていませんでしたが、先場所ほど相撲に元気はありませんでした。久し振りの悪役?キャラ(どのように表現したら良いかわからない。)なので、是非頑張ってもらいたいです。

今場所は全体に十両が面白かったです。一時十両が異常につまらなかった時期がありましたが、最近は十両大丈夫です。



 幕内

徳瀬川 ⇒ 幕内に上がってきてからの徳瀬川の成長は素晴らしいと思います。体の成長は一目瞭然。幕下の頃からは考えられないような成長ぶり。相撲は相変わらず地味ですが注目しています。
14日目。徳瀬川 vs 豊真将。豊真将に勝った際、豊真将と一緒に行司も押し出してました。つっこみ所満載の取組みでした。なのに…。豊真将が注目されていたので、話題にもなりませんでした。きっと影の人なんでしょう、徳瀬川。いるんですよね、お相撲さんにもこのタイプって…。十文字とか。 因みに、今場所のパレードの旗手、徳瀬川だったんです。みなさん気づかなかったでしょ?

栃煌山 ⇒ 何がどう良くなったのか私にははっきりわからりません。先場所からあっさり負ける相撲が少なった事だけはわかっていますが、ココがよくなった!というのは書けません。でも相撲が良くなっています!と断言できます。先場所から少しずつしか白星としてその結果が出ていませんが、期待しています。
シャケというあだ名。本人はどう思っているのかな?

豊真将 ⇒ 左前褌を取る相撲を自分の型にしていく傾向のようですが、来場所は簡単に左前褌を取らせてもらえないと思います。取れない時にどうするか。その対策が今から必要になるんでしょう。左前褌に拘って墓穴を掘った千秋楽のような相撲を来場所はしないように作戦を立てて欲しいです。あと右足が出ないのはなんとかならないのでしょうか?

鶴竜 ⇒ 三賞も貰い2桁勝ちましたが、今場所の鶴竜の相撲、私はあまり評価していません。これが完璧鶴竜の相撲!というのが一番もなかったと思っています。期待が大きいからかもしれないですが、もっと“出来る子”だと思っています。

魁皇 ⇒ 序盤調子良かったのに怪我して休場。勿体無いぃ~。お大事に。

琴欧洲 ⇒ 序盤はいけるかもと本気で思ったのですが、終盤前あたりから、片方の足が使えなくなっていたように思いました。膝が完治してないんでしょう。治るまではこんな調子がずっと続くのかと思われます。お大事に。

琴光喜 ⇒ お疲れ様でした。

白鵬 ⇒ 今場所は時天空と北太樹の相撲以外は、気合MAXだったなと感じました。ただ、美しい相撲が一番もありませんでした。今人的には残念。


全体的には「ふざけるな!」な相撲も多々ありましたし、こういう場所だからといって相撲が特別良かったとも思いませんが、見ているこちら側のテンションが違ったのと、愚痴の多い解説がなかったためか、嫌な感じの場所ではありませんでした。むしろ「楽しかった」です。まあ相撲を見て楽しくなかった場所なんて一度も無いですけれどね。



長くなってきたのでこのへんで。
まだ書きたいことありますので、続きは近日中。









スポンサーサイト

テーマ : 大相撲
ジャンル : スポーツ

プロフィール

Gacktoh

Author:Gacktoh

「OMUSHO」は「OHSUMO」を逆から書いた文字列です。大相撲観戦記事を中心に更新しています。http://plaza.rakuten.co.jp/gacktoh/ のミラーサイトです。

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
食べ物
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
Monthly Archives
最新コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示
QRコード
QR
管理
カウンター
現在の閲覧者数
現在の閲覧者数:
リンク集
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサードリンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。