スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009年 大阪場所 12日目

 12日目 

「優勝争いを左右するきょうの一番」

【解説】
正面(幕内)北の富士勝昭
向正面(幕内)境川

【アナウンサー】
正面(幕内)三瓶宏志
東:藤井 西:太田

<副音声>
【実況】マレー・ジョンソン



取り組み結果

幕下以下 
幕下以下の詳しい解説は、あみだ様のブログでどうぞ。

古市 vs 朝ノ土佐 腕捻りで、古市。

旭秀鵬 vs 米村 押し倒しで、旭秀鵬。

大勇武 vs 勢 上手投げで、大勇武。

龍皇 vs 南 寄り切りで、南。

十両
 
隠岐の海 vs 四ツ車 小手投げで、隠岐の海。 あと1勝なんとかがんばれ隠岐の海。

幕内

千代白鵬 vs 豊真将
立ち合いで左前褌を引き、相手が引くところをそのまま前に出て寄り倒し。これで9勝目。相手に圧迫感を感じさせるような相撲でした。

高見盛 vs 安美錦
攻防のある相撲で両者同時に土俵外へ。軍配は安美錦。しかし物言い。勝昭タンも「これ(この判定は)はむつかしいよぉ~」と。協議の結果、やはり取り直し。安美錦が少々膝を気にしていました。

取り直しの相撲になると安美錦は注文相撲をする印象があるのですが、何故か取り直し前の相撲より激しい相撲を展開する安美錦。もろ差しになってこれは安美錦が圧勝かと思いきや、膝が入って自滅してしまいました。膝は大丈夫でしょうか?立ち上がれなかったですが花道は自ら歩いてさがりました。

タカミンも心配そうな表情。素直に喜べない感じでした。見ている側も、タカミンがいつものように花道をさがったら嫌な気分になってしまっていたかもしれないです。こういうのはなんかいいです。美しい。

山本山 vs 嘉風
激しい相撲の嘉風。凄いビンタも途中入りました。好きですよねぇ、嘉風は対戦相手をぶん殴るの。しかし問題は、山本山のお尻が全世界に流れてしまった事。私も見てしまった…。山本山のお尻。後立褌を掴んだ嘉風が悪いのか、山本山の体系が悪いのか…。誰も悪くないと思いますけど、私は見てしまった…。

把瑠都 vs 栃煌山
組んで静止。そこから把瑠都が上半身のみの力で吊り上げ、すたすた歩いて土俵の外へ栃煌山を出しました。無抵抗な栃煌山。これを見て勝昭タンが「鮭じゃないんだから」「足を掛けるとか抵抗しろ」と…。抵抗しろというのはごもっともなのですが、「鮭」って?北海道では鮭を一本ごと吊って干すのでしょうか?鮭冬葉とか?新巻鮭とか? 勝昭タンの頭の中にはどんな絵図があったのでしょうか。

朝青龍 vs 琴光喜
当たって右四つ。琴光喜が有利な体勢。なのに攻めないいつもの琴光喜。がしかし、ここからがんばった琴光喜。なんとか寄り切り。最後は朝青龍が諦めた感じ。琴光喜パパおめでとう。

裁判勝訴で優勝賞金より多い1100万円ゲットしたからファン太郎気は緩みました!なんてことは無いですね。これで結審するといいですよね。お疲れ様です。これくらいの額では足りないくらい迷惑してますからね。

朝青龍は相手に何か事情がある時には負ける事が多いですよね。CMの「見た目は怖いけど、本当は優しい」がそのまま出てしまったファン太郎でした。

白鵬vs 日馬富士 
仕切り:
同時。

相撲内容:
右足から踏み込み、相手ののど輪を堪えながら右を覗かせ攻める。右を覗かせたまま左で相手の右腕上腕を掴みながら頭四つ気味に制止。相手の頭を軽く押さえ込みながら体勢を変え右下手前褌を許すも、白鵬が相手の右腕を抱える感じで体を起し左上手を取って寄り切り。

感想:
実況は「肩透かしに行った」と言っていましたが、頭を一瞬押さえただけに見えました。終始白鵬から仕掛けて行ったのが良かったと思いますが、今日はどんな理由で右足から踏み込んだのか知りたいです。日馬富士は右前褌を狙う事が多いからでしょうか?

それと今場所の白鵬。切り返す感じで足を出すのは、今までのパターンの進化系を試しているんでしょうか?私は凄く賛成です。宮城野部屋は鯛発注してるでしょうね。宮崎牛食べたいなぁ。マレーシアには神戸牛はあるのに、宮崎牛はないんですよね…。

宮城野部屋を応援する方々は、
taka先生のスポーツ&カイロプラクティックZAWA先生の黄金の右足もどうぞ!





本日のベスト力士:勝昭タン (本日は饒舌でした。三瓶アナとはあうんでしょうね。あと、髷を掴んでの反則に関しても、凄い良い提案をしておられました。)
それと高見盛も。取り組み後の対戦相手への配慮はうつくしい。















スポンサーサイト

コメントの投稿

Secre

足の位置

ちょっと注意して見てみよ

滑稽本さん

追記。



足の運びについてですけど。

なんか文字で巧く表現できないのですが、あそこの場所に白鵬が「足を運ぶ=膝が入る」みたいな事です。今場所のように足腰が安定してるから&下半身が頑丈だから出来る事だと思うんですよね。



Re

滑稽本さん

こんばんは。勝昭タン確かに笑ってましたね。



>白鵬の右のカイナの返し

これに関してはよくわかりません。私は右腕より足の位置があきらかに違うと見ているだけなので、関連はわからないです。右を差しただけでもあの位置に足を運ぶ事は出来ますし、それによって相手の体勢が悪くなるのは明らかなので今は本当にわかりません…。今までの場所でも今場所のようなかいなの返し方はしてましたが、今場所のような足の運びはなかったんですよね。だから足しか注目していませんでした。



>切り返されたくなければ左から強烈にオッツケるしか手は無いと思う。

これまた私にはよくわかりません。

白鵬と四つになりあの位置に足を運ばれたら終了だと私は思います。ただまだよくわかっていないので観察中です。



私が今一番見たいのは白鵬の左四つでの寄り。それをしっかり見られたら何かわかってくると思います。なので魁皇との取り組みで魁皇が差し勝ってくれないかと願っています。あとは、琴欧洲と右四つになったときの足の運び。背の高さが違うので豪快な右腕の返しは無理だと思うのです。その時の足の運びも注目したいと思っています。



Re:shin2さん

shin2さん

こんばんは。



>おかげで眠れなくて困っています。

夢に出てきそうですか?(笑)山本山本人も眠れていないかも…。



>まさか明日優勝決定ってことはないでしょう、ねえ。

それは無いと思いますよ。ファン太郎はそれは避けたいと思っていると思います。しかし今場所ファン太郎は静かですよね。



足技

足技って、基本的にバランスを崩している状態で掛けないと決まらないですよね?

だから、「切り返し気味の足の運び」よりも「右のカイナの返し」の方が重要だと思うんですよね。



外掛けにこだわった相撲なんかを見ていると、相手の足の外から自分の足で攻める事にこだわっているのかなとも思うんですが、今場所の場合は、右のカイナの返しが強烈だから、結果的に切り返しているように見えるだけ、なんじゃないかと思います。



1白鵬にカイナを返される

2白鵬の左側に相手の重心が移動する

3相手は白鵬の左側に足を運ばないと転ぶが、白鵬の左膝のせいで足を運べない

4結果、切り返される



こういう順序だと思います。

白鵬の右のカイナの返しが無ければ、白鵬の左足に河津掛けも出来るかも知れませんけど、右を返された後では白鵬の左足に何か攻撃するのは不可能だと思いますよ。

切り返されたくなければ左から強烈にオッツケるしか手は無いと思う。

タテミツ

いやぁ、激しい相撲で下がりが後ろに行っちゃったかと思いました(爆死

三瓶さんが実況してる横で笑ってる人いたなー…

スローでも改めて笑ってる人がいたなー…





誰とは言わないけど!!

私も見ました!

>>私も見てしまった…。山本山のお尻。

おかげで眠れなくて困っています。雅山が千代大海のマゲつかんでも反則負けにならないという不可解な判定も、多分山本山のケツのせいだとヤツ当たりします。まさか明日優勝決定ってことはないでしょう、ねえ。

Re:seilaさん

seilaさん

こんばんは。お久しぶりです。



>「キャー」という感じでしたね。

私は、「げっ!(驚)」でございました。(笑)



>この日ラジオの花道リポーターだった岩佐アナがルールブックなるものを取り出し

貴重なラジオ情報ありがとうございます!

まずはじめに、テレビとラジオとでは別の花道アナが存在しているんですか?知らなかったです。そして岩佐アナのルールブック!知らないことは直ぐに調べる体制が整っているわけですね。素晴らしい。岩佐アナの鞄にはどんな7つ道具が入っているのか知りたいですね。



>テレビではほぼスルーでしたね。(笑)

今日は勝昭タン饒舌でご機嫌だったのに、突っ込まなかったですよね。まあ見て見ぬ振りをするのが優しさなのでしょう…。取り上げてしまった私は悪魔ですね。反省しつつも、書かずにはいられなかったのです。



>長々と失礼しました。

いえいえ。ありがたいです。どれだけ長くても構いません。

ラジオ情報は本当に感謝いたします。



はっきり映ってましたね。(笑)

こんにちは。

山本山、本人はもちろんでしょうが見ているほうも

「キャー」という感じでしたね。(苦笑)私はその時、ラジオを聴いていましたが、解説の舞の海さんも山口アナも「これ反則ですよね!?」と語り合っていると、この日ラジオの花道リポーターだった岩佐アナがルールブックなるものを取り出し「前立褌に関しては反則と明記されているが、後立褌に関しては明記されていない為、(審判長は)反則ではないという解釈で物言いをつけなかったのでは…」と、すかさずフォロー。さすが、岩佐さん!と思いました。ラジオではしばらくこの話題で持ちきりでしたが、テレビではほぼスルーでしたね。(笑)

長々と失礼しました。
プロフィール

Gacktoh

Author:Gacktoh

「OMUSHO」は「OHSUMO」を逆から書いた文字列です。大相撲観戦記事を中心に更新しています。http://plaza.rakuten.co.jp/gacktoh/ のミラーサイトです。

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
食べ物
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
Monthly Archives
最新コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示
QRコード
QR
管理
カウンター
現在の閲覧者数
現在の閲覧者数:
リンク集
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサードリンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。