スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007年 初場所 中日


 中日 

「あの人がふたたび登場!大相撲を熱く語る」

【ゲスト】デーモン小暮閣下
【解説】正面(幕内)高砂
【アナウンサー】正面(幕内)岩佐英治
東:刈屋 西:白崎
<副音声>
【ゲスト】ドリン・シモンズ【実況】ヒロ・モリタ 


取り組み結果

幕下以下 

幕下以下の詳しい解説は、あみだ様のブログでどうぞ。

拓錦VS琴光 押し出しで、拓錦。

保志光VS駿河司 外掛けで、保志光。 力相撲。

春日国VS霧の海 押し出しで、春日国。 自身初の初日からの4連勝!勝ち越し。

双大竜VS立豊 寄り切りで、双大竜。 前に出るいい相撲。

市原VS武蔵龍 寄り切りで、市原。 左四つで快勝。4連勝、勝ち越し。

雷光VS大勇武 寄り切りで、大勇武。 やっと初日が出ました。

十両
 
光法VS皇牙 小手捻りで、光法。 7勝目。単独首位変わらず。

栃栄VS豊響 押し出しで、豊響。 

龍皇VS豪栄道 寄り切りで、豪栄道。 龍皇、土俵際まわしを掴まれてしまいました。

寶智山VS玉力道 上手出し投げで、寶智山。 終始攻めたのは寶智山。

北勝力VS栃煌山 突き落としで、栃煌山。 土俵際の逆転。

7勝:光法
6勝:豊響、栃煌山

幕内

白露山vs十文字
せっかく閣下が来ていたのに…。閣下、今日は十両からじゃなかったんですか?Zakzakの記事を信じた私が駄目だったのか…。


豊ノ島vs普天王
あい四つ。1分50秒以上の長い相撲。組んで豊ノ島優位の体勢が…。差し手が左、左足を引いて右足が前。普天王の右上手を警戒したのでしょうが、これだと攻められない!右から絞って出ろ、と中継では言っていましたが、肘あいちゃってるのに無理!だと思いました。

取組み後のレポによると、豊ノ島は右の肘があいていて、絞れなかったそうです。(やっぱりね。)肘があいてしまった原因は、足の組み方にあるのではないでしょか?左足が前だったらそうはならなかったと思うのです。普天王は、不利な体勢からなんとか粘りました。


高見盛vs鶴竜
突っ張る鶴竜。堪える高見盛。右を差したタカミン。高見盛の形になって圧勝。今日は怪力ではなかったですが、自分の形になれた事が勝因かと思います。心勇さんもニコニコ。


豊真将vs旭天鵬
陣内&藤原組の結婚式と結婚式の日にちがかぶってしまっている旭天鵬。勝ち越しのためなら何でもすると公言していたように、今日は積極的な相撲でした。豊真将、何度か上手く残したんですけど…。やはりまだ、四つになったら旭天鵬です。


栃東vs安美錦
安美錦が突っかけて待った。
花道を下がる時、栃東は左足を引きずっていましたが大丈夫でしょうか。
解説は、びすたり様のブログでどうぞ。


安馬vs琴欧洲
右手は肩口。左に動いて左手で深い所を掴み出し投げ。

安馬インタビュールーム:横から攻めようと思った。
安馬は、公言してしまっている分、今日のような相撲をすると風当たりも強いだろうと予想します。昨日(7日目)時天空vs白鵬で、時天空がした立ち合いと今日の安馬の立ち合いは似ています。でも時天空は公言していない分、時天空は「巧く取った」となり、安馬は「どうなの?」となるのだと思うのです。

安馬は体重が少ないのですから、私は今日のような相撲もありだと思うんです。でも、それでも、変わらない相撲を取る事が安馬の魅力なのかもしれない…。難しい所ですが、安馬は変化相撲が癖にならないようにして欲しいなぁ、とは思います。

変化が駄目ならルールで決めたら良いとの意見も聞きますが、それは違うと思っています。現在幕下の杉田の相撲を一度見たら理解できるかと…。体格でハンデのある力士にとっては、必要不可欠な技なのです。だから私は、変化相撲を見ると「それでも勝ちたいのか!」「それでしか勝てないのか!」と思う時がるのです。


千代大海vs琴奨菊
立ち合いがなかなか合わない。合わせる形になってしまった琴奨菊。突っ込んだ千代大海、一気の相撲。琴奨菊は何も出来ず…。中継でも言っていましたが、立ち合いの駆け引きで、既に勝負ありでした。場数、経験の差が出た一番だと思います。


白鵬vs魁皇
化粧まわし:株式会社ファースト
付け人:望櫻 春日国

閣下のコメント:左足は踏ん張れているけれど、足の送りが悪い。復活に向けての慣らし運転。
白鵬のコメント(レポ):相撲が良かったり、駄目だったり。まだ自分の組み手にまだなれていません。だんだん立ち合いも厳しくなってきていると思うんだけれども、まわしをしっかり取れるようにならないと駄目だ。休むとこんなに相撲が取れなくなるんですかねぇ。(しみじみ本音) 来場所以降に繋がる相撲が取れれば、という形で後半を迎えたい。

仕切り:
白鵬と魁皇の距離が、凄く近いの。何?と思うくらい近かったのです。
両者、同時に両手を着いて立ちます。

相撲内容:
左を狙う白鵬。取らせないようにしている魁皇。魁皇が離れて、右下手を探ります。その右を左で抱え込む白鵬。左下手を探る魁皇の左手と白鵬の右手は、差し手争い。同時に白鵬左上手、深い所を狙いますが互いに取れない!一瞬2人に距離が出来、右で張る白鵬。
右を先に差して寄せて、左上手を取った白鵬。←ここポイント!
右四つになり引き付けて、白鵬が寄り切り。

魁皇側からの解説は美樹様のブログでどうぞ。

コメント集:
高砂コメント:右を差してから左を取る。魁皇だから可。千代大海なら不可。
閣下:(左)が取れないことはある。半分は取れないと思っていい。取れない時に次どうするのかをもっと考える事。おっつけながら左を取る。 ←閣下は、輪島が好きですからね。きっと閣下はもっと白鵬の相撲の事について語りたかったと思うんです。岩佐アナが乗ってこなかった…。
岩佐アナ豆情報:連合稽古で「魁皇関からはオーラが出ている」と、白鵬は以前覚えたての日本語で言っていたそうです。

感想:
何が良いって、この2人の取組みは、自分の四つになった方の勝ち。どちらの四つになっても、綺麗な四つ身になる事。技術品。四つ相撲好きにはたまらん!のじゃないでしょうか?相撲は、相手あっての物だなぁ、と改めて思うのです。

そして中継中に出ていた、右を差してから左を取るとの話。相手は白鵬の左ばかりを気にしているのですから、右があいている事が多いのです。白鵬はそこに目を向けるべきです。現に自然にそれが出来ていますが。ようやくトンネルの先に光が見えてきたのではないでしょうか?ポイントは右差し。

お小言:
白鵬、間隔があくと張る癖があるんです。今日は不要だった気がします。

宮城野部屋を応援する方々は、
taka先生のスポーツ&カイロプラクティックZAWA先生の黄金の右足もどうぞ!


朝青龍vs稀勢の里
今日は自宅観戦だったんですけど、なんと!時間一杯になった瞬間に衛星放送が切れました!凄い雷雨!!ニュースで取組みは見ましたが、やっぱりライブで見ないと相撲の印象が掴めないです。楽しみな一番だったのにぃ~!もう少し後に雨が降ってくれたら良かったのにぃ~!数分後、衛生は繋がったのですが、繋がった時には既に「中学生日記」が流れていました。がっくし。

閣下の細かいコメントは、閣下好きのSUSAN様 がしっかりUPしてくださると思います。





~お知らせ~
今場所11日目。観戦ブログUP出来ません。翌日に白鵬の取組みだけUPする予定です。
このままなら白鵬vs朝青龍が組まれます。凄い懸賞になるでしょうねぇ~。














スポンサーサイト

コメントの投稿

Secre

Re:ZAWAさん

ZAWAさん

こんばんは。



>光法が単独トップですよ!!!



今負けてしまいました。残念。白鵬の付け人の春日国も連勝で来ていたのですが、今日負けてしまいました。



>白鵬にもいい刺激になっていることでしょう!!!



そうあって欲しいですね。

良い方向に全てを皆が向けて欲しいです。良い相撲を期待しましょう。





(*^・ェ・)ノ コンチャ♪

光法が単独トップですよ!!!

調子がいいみたいですよ。

このまま白星を続けて欲しいですね!

白鵬にもいい刺激になっていることでしょう!!!

Re:トーマスさん

トーマスさん

こんばんは。



>朝青龍の稽古量のホントのところを



私ももっと聞いて!と思いました。でも、きっと親方も知らないんでしょ、とも思っているので、「朝青龍VS閣下」の取組みに期待するしかないな、と思いました。正直言って、高砂親方に朝青龍の話を振る必要性を感じなかったのです。(笑)



>変化の稽古をする姿



変化もそうなんですけど、張り差しとかも含めて、「どうなの?」な技は、稽古場でひっそり稽古したりしているんでしょうか?白鵬が張り差しの稽古を部屋でしているとの記事は、随分前に読んだことがあるんですけど…。変化の稽古なんてあるなら、天井からでものぞいてみたい私です。



明日、9日目、絶対に幕下見たほうが良いですよ!

境澤VS市原が組まれました!こうご期待。アマ時代は、まったく市原に敵わなかった境澤。意地を見せるか!です。



Re:Satchさん

Satchさん

こんばんは。



>変化ゼロにしろとは言いませんが



私的には、安馬は余計な事を公言してしまったような気がします。でももう言ってしまったのですから、それに沿うか、それでも自分の思うとおりの相撲を取り続けるのか、安馬が決める事だな、と私は思っています。安馬の今日のような動きは、今に始まったことではなく、前々からやっているので、どの程度が許容範囲なの?とも思いました。



閣下●肩すかし○岩佐アナ

>閣下、今日は十両からじゃ

幕内だけでは明らかにしゃべり足りてない感じがしましたが(笑)。朝青龍の稽古量のホントのところを、もっとツッこんでもらいたかったな~。



>難しい所ですが、安馬は変化相撲が癖にならないようにして欲しい

ここぞというときに”うまく”(<これ重要)使ってこそ、安馬には変化もあるんだというのが効果的になると思いますねぇ。でも変化の稽古をする姿は、ファンには見せないでちゃぶだい|д゚)!!

安馬の変化

免疫はついたんですけどね…orz 安馬には申し訳ないですが閣下のつっこみはグッジョブ、と思いました。これじゃオオカミ少年だよー。(涙)変化ゼロにしろとは言いませんが、癖にならないでほしいですよね。
プロフィール

Gacktoh

Author:Gacktoh

「OMUSHO」は「OHSUMO」を逆から書いた文字列です。大相撲観戦記事を中心に更新しています。http://plaza.rakuten.co.jp/gacktoh/ のミラーサイトです。

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
食べ物
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
Monthly Archives
最新コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示
QRコード
QR
管理
カウンター
現在の閲覧者数
現在の閲覧者数:
リンク集
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサードリンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。