スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

*力のサムライ伝* その7


その6 のつづきです。 これで終了になります。


 *力のサムライ伝 


* 北勝海の汗 * 血にじむけいこで横綱に

13日目○ 2005/07/28 以下抜粋

次は北勝海(八角親方)のお話。
小学校の頃に声を掛けておきながら、忘れてしまっていた親方勝昭。
そうしたら広尾中で柔道が強くなって、よその相撲部屋からスカウトが来てる、というんだな。広尾のお母さんから電話がかかって来た。でも本人は「最初に来てくれたあの部屋に行きたい」と言うんで慌てて飛んで行ったよ、広尾に。

入門秘話などを読むと、今でも、最初に来てくれた部屋に行きたかった、とのコメントはありますよね。やはり、そういうものなのでしょうか。他の八角秘話は、この本にいくつか載っています。これまたいい話ですよ。



当時のうちの部屋のけいこは、質量ともに間違いなく角界一だった。ほかの部屋なら十時ごろ終わる朝げいこを昼近くまでやっていたんだから。出げいこに来たほかの部屋の幕内力士が激しいけいこに音を上げ救急車で運ばれた、なんてこともあった。

親方勝昭は、かなり厳しかった模様です。やはり凄い稽古量だったようです。強くならない方がおかしい、とでも表現するのが的確かもしれないです。2人の横綱の誕生。九重部屋10連覇。部屋に2年近くも賜杯があり続ける。凄い事だと思います。


そしてその感想は…。
師弟ともども本当にうまい酒を飲んだのを覚えている。

酒でした。素直です。


60歳の誕生日。
赤い横綱を締めて、還暦の土俵入りを披露した。太刀持ち千代の富士、露払い北勝海という豪華なキャストで。こんなに幸せな師匠もいない

本当にそう思います。しかもその2人は親方として、今も活躍していますしね。だからこそ、その弟子、つまり孫弟子(特に千代大海と北勝力)の不甲斐無さを見ると、バッサリ斬りたくなるんでしょう。





* かばい手 * しぶとい貴ノ花との一番
14日目● 2005/07/29 以下抜粋

思い出の一番は、あの「かばい手」の一番。この回では、二子山親方との現役時代の思い出を色々語っています。

それにしても、亡くなった後の二子山親方の二人の息子たちの騒動は何なのだろう。余計、かわいそうになってくる。本当に惜しい人を亡くした。あんなにいい相撲を取っていたのに。

と締めくくられています。





* 協会改革 * 原点回帰へ国技見守る
千秋楽○ 2005/08/01 以下抜粋

現在の相撲の状況にご不満の勝昭タン。
相撲に魅力がないんだろうな。苦労の割には収入が安定していない。このままだと、北海道から相撲の火が消えるよ。相撲の不毛地帯になる。土俵を作っても子供たちが相撲をやらない。指導者もいないんだから。

北海道から相撲が消える事が、勝昭タンにとっては一番辛い事のようです。
勝昭タンは、北海道で相撲をしたい子供たちの指導に当たったりする事は今後あるのでしょうか?



親方衆も悪い。日本人を探さないで安易に外国人に頼っている。

最近特に親方衆への苦言が増えている勝昭タンですが…。



相撲協会も、若貴人気にあぐらをかいて努力をしなかった。たとえば巡業。力士がホテルの個室に泊まり、ガードマンが花道で警備する。お相撲さんに触ってはいけません、とね。ばかやろうだよ。お相撲さんの背中をたたいて、サインをもらって身近に感じる。前の晩飲んだ居酒屋のおやじやスナックの女性が応援してくれる。そんな触れ合いがなくなった。

うーん、これは非常に難しい問題かも。背中を叩かれて、嫌な思いをした琴欧洲の件もありましたし…。でもお相撲さんが居たら、触ってみたくなる気持ちもわかりますし…。

ちょっとまった。スナックの女性が応援に来る…。そんな触れ合い…。
えっ!?私が言っている触れ合いとは別の事ですか!?混乱してきました。



NHKの専属解説はもう八年目になるけれど、今はこの仕事の方が面白くなったね。大相撲の原点に戻るべきだ。もっと親方衆が協会とファンのことを考えるべきだろう。直接、協会改革に口を挟む立場ではなくなったが、相撲解説を通して国技を見守っていきたい。

相撲中継での解説。どうやら勝昭タン気に入っているご様子です。その日の体調、ご機嫌、によって、口数が著しく違う勝昭タンですが、1場所でも多く解説を続けて欲しいな、と思います。勝昭タンの後釜なんて、そんじょそこらの人には勤まらないと思いますし。



解説にはどんどん専門用語を使うようにしている。変な相撲を取る力士には厳しいさ。アナウンサーも気を使って、おれにマイクを振らないことがある。しゃべると自然と厳しくなるから

「おれにマイクを振らない」じゃなくて、その前に、聞いてないじゃないですか!
全然人の話聞いてないじゃないの!




以上でおしまいです。
この連載、本当に良かったですよ。勝昭タンが好きな人も、そうでない人も、是非読んでみてください。相撲の良い話が沢山載っています。勝昭最高ぅ~!



 あっ、そうそう

勝昭タンのお気に入りが白鵬であることは、中継を聞いていたらわかるわけですが…。勝昭タンの片思いなのかなぁ~、と思っていたら!遂に白鵬も勝昭タンの事を「カワイイ大相撲」でコメントしていて…。いつの間にやら両想いですよこの御両人。美樹様 も saboko-nord様 もブログにエントリーされているのですが…。いつの間にやら相思相愛。

白鵬の着流し(後ろの上部に白い鵬が描かれている青紺)を見て、確かに勝昭タンは「白鵬の着流しいいねぇ~」と言いました。でもねぇ~、「白鵬が着物を一番キレイに着てる力士だ」って言ったなんて知りません。2人でデートでもしたんですか!?白鵬が誰と両想いになろうが私には関係ないですが、勝昭タンだけは許さない!取らないで!?勝昭タンを…。 

白鵬の着物の着方…。
白鵬は自分に似合う色を選んで着ているとは思います。着たい物ではなくて、似合う物を選んで着ているとは思います。ただ、胸板がないので、胸がハダケルんですよ!がばっ!って開いている事が多いんですよぉ~。それを直して欲しいなぁ、とはいつも思っています。そして良い着物が少にゃい!

一番の衣装持ちは、栃東。カッコイイ着物が多いのは魁皇。若手で良い着物を一番持っているのは稀勢の里。豪快な絵柄を着ているのは朝赤龍。良い物着てるのに目立たないのは朝青龍。こんな印象です。



次は、大鵬さんの連載を紹介する予定でいますが、2人(勝昭タンと大鵬さん)の連載を読み比べると、果たしてどちらの人生が良いのか?とても考えさせられます。
お楽しみに。










スポンサーサイト

コメントの投稿

Secre

Re:ばやりんさん

ばやりんさん

こんばんは。

北の富士さんの連載、もっと読みたいですよね。またやってくれないかな?と密かに思っています。



>大鵬伝は「私の履歴書」からでしょうか。



いえ、違いますよ。同じ新聞に連載されたものです。書籍化は、されてもいなければ、する予定も無いそうです。1998年に連載されたものなので、少々古いのですが、なかなか深い内容です。





Re:*力のサムライ伝* その7(02/05)

楽しみに読ませていただきました。

終わってしまい、とても寂しいです。



大鵬伝は「私の履歴書」からでしょうか。

また、Gaktoh様の解説で読めるなんて

とても楽しみです!

Re:遊紀。さん

遊紀。さん

こんばんは。



>大変楽しく読ませていただきました。



そう言って頂けると嬉しいです。機会があったら是非この連載丸々読んでみてください。面白かったですよ。



>Gacktohさんが勝昭>白鵬だとまでは知りませんでした



えっ!知りませんでした!?(笑)

白鵬の相撲は好きなんですけど…、のんびり屋さんって私はイライラするので…。



>朝青龍の名前入り



やはり横綱なので、配る量も多いんでしょうね。反物で私がいいなぁ、って思っているのは、魁皇が着ている黄色のドロ着です。欲しいなぁ、と思っていつも見ています。



>引き続き大鵬伝よろしくです。m(__)m



はぁ~い。もうドラフトは出来上がっているので、コツコツUPしていきます。お楽しみに。



連載堪能させてもらいました。

大変楽しく読ませていただきました。

でもGacktohさんが勝昭>白鵬だとまでは知りませんでしたわw



着物の観察鋭いですね~。

ちょい話がずれますが、四股名入り浴衣反物でいいなと思う物を見てみると

朝青龍の名前入りであることが多いです。好みの差もあるけど。



引き続き大鵬伝よろしくです。m(__)m

プロフィール

Gacktoh

Author:Gacktoh

「OMUSHO」は「OHSUMO」を逆から書いた文字列です。大相撲観戦記事を中心に更新しています。http://plaza.rakuten.co.jp/gacktoh/ のミラーサイトです。

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
食べ物
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
Monthly Archives
最新コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示
QRコード
QR
管理
カウンター
現在の閲覧者数
現在の閲覧者数:
リンク集
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサードリンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。