スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

把瑠都:インタビュー (エストニアの記事)

Eesti Paevalehtに載った把瑠都のインタビュー記事をYuriyama Renさんが英語に訳してくださいました。その記事に載っているこの画像の犬。目が怖い!のと、把瑠都の身長から考えると、かなり大きいと思うんです。

About his life:
In the beginning the sumo lifestyle was quite difficult. Each sumo club has a fixed hierarchy; eventhough everyone is like a family member he must know his place. I've considered returning home several times. Right now it's quite alright but I doubt I can keep this up for another 10 years. The average age when a sumotori finishes his career is around 31-32. One thing is certain: I won't stay in Japan.

Plans:
After retirement I'd like to travel. But large European/American cities don't really interest me. Tokyo is a huge city as well. First of all I'd like to see Siberia. I want to enjoy the sense of freedom that a distant horizon and being in the nature gives. I'd like to visit Brazil as well but there I'm more interested in the carnivals than the rain forest.

Opponents:
Both on and off the dohyo I consider my opponents as rivals not as enemies. Some guys are very private. Me, I'd like to communicate with everybody. The sumotoris do talk to each other but I don't have trusting relations with anyone.

Friends and fans:
There are two people in Japan who I do trust completely and who have aided me several times. One of them is Yamaguchi Kosak? (the newspaper probably misspelled this), who has visited Estonia several times. I have a small fan club in Japan and we've dined together a few times. But dealing with the fans is quite delicate. You need to keep your distance.
When showing up in public people come and talk about themselves and their health etc. The Japanese are polite though, they do inquire about my health as well.

Partying:
A sumotori is not allowed to be seen in casual clothing, except in the same block as his club. So sometimes I disguise myself. I got this heavy black wig and sunglasses that I use to sneak into a night club to get a break sometimes.
I haven't dated any Japanese girls. The girls are after sumotoris not the other way around..

Privileges:
As I advanced on the banzuke, I got my own room at the heya, approx 5 square meters. Well, this room was not large enough to fit both me and my clothes. As we moved to the new heya I was permitted to get myself a two room apartment which is quite a rare privilege. It costs about $1000 a month which is the average for the neighborhood. Tsukebito comes to clean and wash my clothes. He also arranges the public appearances and interviews, so I got a little privacy there.

The heavyweight shindeshi:
The two of us weigh 410 kilos. Usually we wrestle. We don't do much bodybuilding, There is barely enough room to fit a few simple training machines.

Training and knee:
The most important muscle groups while training are abdominal and lateral muscles. When a large man falls on you these need to be strong.
I need to become more careful because of the knee. The doctors in Estonia recommended to skip Haru-basho but it's not that easy. It would mean I fall back to Juryo. Another failed tournament would put me back in Makushita which means that my income would drop ten times.
Athlete needs to get his act together for the most important event of the year, I need to be able to compete all year long. We get to rest one week after every basho and that's it.

Food:
I don't think that I eat too much. Well maybe as much as two grown men... The food needs to be balanced, but the choice is based on sumo traditions not some scientific research.
The food consists of meat, lots of fish, diffrent sauces, soups and vegetables. I've tried to roast some meat in my apartment to supplement all the unseasoned rice but I can't get it to taste like here in Estonia. The soul longs for some variation to the sumotori diet though.

エストニア語の文章を英語に訳し、それを日本語にすると、把瑠都が本当に言いたかった事とかけ離れる部分があるかもしれないので、英語も参照してください。部分的に訳してみます。


(About his life) 人生(生活)
お相撲さんはだいたい31か32にで現役引退する。今は大丈夫だけれど、あと10年この生活を続けられるのかわからない。

(Plans) 予定
引退したら…。
ブラジルにも行ってみたい。熱帯雨林よりカーニバルに興味がある。

(Opponents) 対戦相手
土俵の上でも外でも、敵ではなくライバルだと思っている。

(Friends and fans) 友達とファン
日本で、信頼しお世話になっている人が、2人いる。1人はエストニアにも何度か来てくれた山口さん。(因みにもう1人の方の名前はでていませんでした。)小さな後援会(ファンクラブ)もあるけれど、後々問題が起きないとも限らないので、仲良くしすぎるのもあまり良くないと思う。<この部分は、Yuriyama Renさん直々に、エストニア語から日本語解釈を教えてくださいました。>

(Partying) パーティー
部屋界隈での私服は禁止されているので、黒髪のかつら(ウイッグ)とサングラスを着用してクラブに出掛けたりした。日本の女の子とデートはした事は無い。女の子達がお相撲さんを追っかける事はあっても、お相撲さんが女の子達を追っかける事は無い。

(Privileges) 特権
番付があがって、個室をもらったけれど広くないので、新しい部屋に移ってから2部屋あるアパートを借りそこに住んでいる。

(Training and knee) 稽古と膝
自分の体の上に力士が倒れこんでくる事もあるので、腹部とその内側の筋肉を鍛える事が一番大切。エストニアの医師達は、春場所を休場する事を薦めてきたけれど、休場したら十両に陥落する。その次の場所(夏場所)、成績が振るわなかったら幕下に陥落する。そうなると収入が10分の1になる。春場所を休場をする事は容易な決断ではない。

(Food) 食べ物
バランスよく摂取する必要があるけれど、科学的ではなく伝統のちゃんこからしか選べないので、アパートで肉を焼いて食べたりする。エストニアで食べる様な味がだせない。




<感想>
そんな事言ってしまって良いのかぁ~、なんて事まで言っている様な気がします。
把瑠都らしいと言えばそれまでかもしれないですが…。
カーニバルに興味があるのはなんとなくわかります。はい。









スポンサーサイト

コメントの投稿

Secre

Re:SUSANさん

SUSANさん

こんばんは。



>こんな形で日本に伝えられるとは思ってない



母国でのインタビューでしたし、きっと開放的になっていたんだと思うんですけれど、この時代、何処の国で誰を相手に話したことでも、同じだと思うんですよね。エストニア語だから、日本人にはわからない、なんて思っているのならそれは大きな過ちです。(笑)



まさか

> そんな事言ってしまって良いのかぁ~、なんて事



こんな形で日本に伝えられるとは思ってないでしょうからねぇ~・・・(^_^;)



プロフィール

Gacktoh

Author:Gacktoh

「OMUSHO」は「OHSUMO」を逆から書いた文字列です。大相撲観戦記事を中心に更新しています。http://plaza.rakuten.co.jp/gacktoh/ のミラーサイトです。

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
食べ物
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
Monthly Archives
最新コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示
QRコード
QR
管理
カウンター
現在の閲覧者数
現在の閲覧者数:
リンク集
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサードリンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。