スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007年 大阪場所 7日目


 7日目 

「わたしが選んだ名勝負 桂文珍」

【ゲスト】桂文珍
【解説】正面(幕内)舞の海秀平
ラジオ:北の富士勝昭

【アナウンサー】正面(幕内)吉田賢
東:  西:刈屋

<副音声>
【ゲスト】ドリン・シモンズ
【実況】マレー・ジョンソン


取り組み結果

幕下以下 
幕下以下の詳しい解説は、あみだ様のブログでどうぞ。

望櫻 vs 輝面龍 送り出しで、輝面龍。 

鳰の湖 vs 朝道龍 で、鳰の湖 。 嬉しいぃ~。鳰の湖ストレート給金!

保志光 vs 磯部 送り倒しで、保志光。 

市原 vs 境澤 寄り切りで、境澤。 ストレート給金
いかに中継の解説があてになれないか…。「離れて取りたい市原。組まないと勝てない境澤」 離れても境澤が勝ちましたがぁ~。通算37勝2敗 勝率0.95 来場所十両昇進すれば、戦後歴代2位タイの最速昇進。がんばれ境澤!

十両
 
駿傑 vs 白乃波 押し出しで、白乃波。 
結果はともかく…。立ち合い不成立。顔が当たってしまいました。駿傑の鼻血が止まらなず、大変な事態になり、取組みが一向に始まらない、ちょっとした事件発生。取組みできなかったら、不戦勝とかになるのでしょうか?駿傑は、鼻の付け根が痛いので、病院に向かったそうです。

豪栄道 vs 豊桜 送り出しで、豪栄道。 7連勝
ベストの相撲ではなかったですが、気合が良い!巧さが光ります。

龍皇 vs 片山 引き落としで、龍皇。 立ち合いは片山。絶妙のタイミングで龍皇。 

幕内

栃煌山 vs 十文字
右で張った十文字。十文字得意の左四つ。差し負けたにもかかわらず、攻めたのは栃煌山。土俵際、攻める方向も正しく…。素晴らしい。 「テーピングまで十文字」BY 文珍

高見盛 vs 安美錦
(´・ω・`) 11連敗。 健闘したんですけどぉ~。(ノ∀`)アチャー 安美錦には何故か勝てないタカミン。
外掛け、出しましたからねぇ、アミタン十八番。 「しつこいんだ、しつこいんだ。」 BY タカミン

豊真将 vs 普天王
左四つ、左下手を引き、右上手を徹底して与えない豊真将。右おっつけ。カメラアングル悪いわ。
土俵際まで攻めて、最後は両まわし。

安馬 vs 琴奨菊
張り手を連発、叩いて落ちないとみると、中に入ってもろ差しで一気の攻め。安馬仕切りから、琴奨菊を睨んでいましたねぇ。気合入ってました。琴奨菊また手が着けません、仕切りから勝負あり。

栃東 vs 稀勢の里
立ち合いはキセノン。左から巧くいなすアズマン。いなしについて行けず終了。 栃東7連勝!

魁皇 vs 朝赤龍
一枚でも右上手を取ったら魁皇です。
右足親指の爪が剥がれかけている魁皇。実は私も一度経験があります。剥ぎ取ってしまうと、指の感覚が変な感じになり、慣れるまでに時間が掛かります。最終的には爪は自然に剥がれますが、今は無理矢理にでも固めておいた方が良いです。痛みは、次の日が最高で、普通に歩く事も出来ませんでした。魁皇は、昨日が一番辛かったはず。今日からは回復に向かうと思います。

琴欧洲 vs 時天空
時天空の十八番2枚蹴り、きたわぁ~。決まり手は、下手投げでしたが。時天空はこれがあるんですよね。時天空は、どの相手にこれが通じるのか本当によくわかっていると思います。舞の海さんは踏ん張る方の足が強いから決まる、と言っていましたが、時天空の場合は、腰だと思いますが。


白鵬vs 豊ノ島
化粧まわし:ぢどり亭株式会社 
付け人:望櫻 桜乃富士 春日国

仕切り:
豊ノ島が手を着き待ちます。白鵬は両手を着いて合わせます。

相撲内容:
右かちあげ気味で当たる白鵬。もろ差しを狙う相手の右を繰る。突っ張りせめ、叩いて差そうとするも差せず、再度手繰る。逃げる豊ノ島。白鵬、右でピンタ。突っ張って攻めるも、相手が土俵際突き落とし気味に右に動き残り、白鵬も落ちず。逃げる相手を追いかけて、右で頭を横から押さえ、相手が右を差しに来るところを、先に白鵬が右を差し、右下手で寄る。土俵際、相手が左を首にまわし左足で右足をかけ、右に首投げの様な形を取るも、構わず出て寄り切り。左は掴んでいない。

感想:
舞の海が白鵬を褒めているぅ。珍しい。
立ち合い、今日は右のエッジを効かせ滑りませんでしたが、体が左に傾いていました。

突っ張って、土俵際決める時は、腹を突きなさいよぉ~!腹を突かないから、残されるのよぉ~。まあ、相手の背が低いから、腹を突くのは難しいかもしれないですが。叩いて崩して右差しを狙っているようですが、叩くのではなくて、突いて起こして…、のが良いような気がします。相手の右を手繰るのは、左上手を取りたいからなのか、崩したいからなのか、とったりに行きたいのか…。少々わかりませんな。でもそれで相手が動揺しているのも確か。

色々文句はあるものの、「褒めてつかわす!」な部分は、相手に相撲を取らせていない事。相手の強みを消している事。相手によってはこれで良いのだと思います。「きたわぁ~、白鵬ぅ~」にならないのは、勝ち方だと思うのです。相手が上位にならないと、白鵬の強さは魅せられないのかもしれないなぁ、と…。自分の相撲をがんがん出すのは、終盤でしょうか?

白鵬が勝っても、「あっそっ」な感想のワタクシ。勝って当たり前だと思っているのか、勝ち方に不満を持っているのか、ちょっとわからないのですが。中継で言われているような、「白鵬の相撲が取れていない」とかではなくて…。「白鵬の巧さ」の部分をまだ見ていない感じなのです。これからですな。

宮城野部屋を応援する方々は、
taka先生のスポーツ&カイロプラクティックZAWA先生の黄金の右足もどうぞ!


朝青龍 vs 春日王
立ち合いで勝負あり。



全勝:栃東
1敗:白鵬、琴光喜



モンゴル行ってみたいわ。



~お知らせ~

【作業内容】3月度定期メンテナンス
【対象】楽天ブログ、フォト、リンクス
【日時】2007年03月18日01時00分~2007年03月18日06時00分

ご迷惑をお掛けしますが、よろしくお願いします。















スポンサーサイト

コメントの投稿

Secre

プロフィール

Gacktoh

Author:Gacktoh

「OMUSHO」は「OHSUMO」を逆から書いた文字列です。大相撲観戦記事を中心に更新しています。http://plaza.rakuten.co.jp/gacktoh/ のミラーサイトです。

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
食べ物
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
Monthly Archives
最新コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示
QRコード
QR
管理
カウンター
現在の閲覧者数
現在の閲覧者数:
リンク集
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサードリンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。