スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

総括 ~力士別 その1~

 豊真将

豊真将のお尻を触った白鵬。去年の5月、稀勢の里との幕内での初めての取組み終了後は、稀勢の里のお尻ではなく、締め込みを叩いていましたよ。「稀勢の里のお尻<豊真将のお尻」なのでしょう。

私も触りたいわ。変態じゃなくて、どんな感じかちょっと気になります。本当にいい体をしているので、どんな感触なのか…。あれっ、文章のせいで、変態扱いになりかねない内容でしょうか?まあいいですけれど。

「力をつけて上がってきている力士」との表現はよく中継で耳にしますが、どのような基準でそのようなことを言っているのか、疑問だったのです。が、私はこの場所で、自分なりの基準を見出しました。今回豊真将を見ていてわかりました。

一発屋のように、番狂わせ的な勝ち方をした力士は、インパクトは強いですが、白星が上がらなかったり、次の場所には番付を下げたりします。前の場所に勝った力士には必ず白星を挙げ、負けた力士にも何人かには勝つ。それが「力をつけて上がってきた力士」と評価されるべきなのだと思います。

豊真将の初場所と春場所の星を見てみると、「安馬」「時天空」「琴光喜」の3人には、初場所には負けていて、春場所には勝っています。この3人に今後も勝ち続けることが出来るのなら、豊真将は、力をつけて上がってきた力士、になると思うのです。偶然勝った、ではなくて、本当に力がついたのなら、次の場所も勝つことが出来るはずなのです。見極めてみたいと思います。

お尻とは言わないので、せめて腿くらい触らせてください。←まだ言ってます。


 栃煌山

影山から栃煌山に四股名変更した時、栃煌山自身が毛筆で書いた「栃煌山」を見て、親近感は覚えたものの、その字が達筆と言うにはほと遠い字だったので、期待されている若手なのに、大丈夫なのか?と心配したのですが、見事三賞受賞。これりゃ凄いですわ。

初場所十両の時、初めて幕内で取った一番を見て、何を考えているかあまり表情には出ない力士なのかな?と思ったのですが、幕下の頃は、そんな印象ではなかったのに、と、ちょっとギャップを感じたりしました。

顔だけを見ていると、とても20才には見えないんです。系統的には、「十文字ー栃煌山ー琴奨菊」でしょうか?20才で、若い、若い、と言われていますが、もたもたしていると、直ぐにおっさんになってしまうので、年齢なんて気にせず、じゃんじゃん頑張って欲しいなと思っています。来年には、綱を目指しているような勢いで、お願いしたいです。

それとですねぇ、栃煌山の対戦相手。何人かの力士が立ち合い張りましたね。私は気に入らない。新入幕の若手に対して、何をしておるのか!と思ったのです。何処からでも来い!との姿勢で、相撲できないんですかね?それだけ栃煌山は脅威ですか?そうですか。そう解釈する事にします。

栃煌山には、張られても通用しないようなオーラと相撲を期待します。「張られたら張られた顔を出せ」という事で。がんがん番付けあげて欲しいです。稽古も熱心なのでしょうか?稽古情報があまりないのですが、巡業では朝青龍に胸を借りたそうですが…。




 高見盛

張られた顔を出しすぎてしまった、高見盛。時天空との取組み。
あれは一体なんだったのでしょうか?時天空どうしましたかねぇ~?私はああいうの、相撲じゃないと思うんです。中継では、舞の海が少々苦言モード。親方は援護モード。見ている人の判断で、という流れでしたが…。この取組みの後、高見盛が花道奥で口走っていた事は、聞かなかった事にしておきます。

永谷園のバスタオル まだ間に合います。

そうそう、付け人の心勇。
心勇の相撲見たことありますか?いい相撲しますよ。この場所、頑張っていました。

付け人の中には、脱ぐとどうなの?な力士がたまにいますが、心勇はそうじゃないですよ。脱いでも凄い力士です。魅力的なお相撲さんの体系です。


←この雑誌にタカミンの事が載っていました。

元横綱若乃花が語っています。
時間一杯の時の奇妙な動作はともかく、その他の作法を一生懸命やろうとしている高見盛の真摯さには、私は好感を持っている。 

奇妙な動作と言われてしまっている事はともかく…。
タカミンは、ちょっと大丈夫だろうか?と心配するくらいに一生懸命やっていますよね?自分の事を「人気力士」と自ら言った時には、びっくりしましたが、巡業に顔も出さない力士と比較すれば、「人気力士なんで…」と言って巡業には必ず登場するタカミンは褒められるべき存在だと思います。親方が定年を迎えるのはもう直ぐですが、定年と同時にやはり引退してしまうのでしょうか…。



 普天王

不調だった普天王ですが…。
無理矢理褒めるなら、どんなに調子が悪くても注文相撲で勝ちを取りに行かなかった事だと思います。ファンの方の中には、こんなに負けてるんだから、変化してでも勝てよ、と思った方もいるかもしれないですが、こんな時にも変化をしなかった普天王は偉いと私は思いました。自ら公言した事を、キッチリ守っているわけです。いいじゃないんでしょうか。












スポンサーサイト

コメントの投稿

Secre

Re:Satchさん

Satchさん

おはようございます。

先場所、白鵬との取組みを見て、びっくりしたのですが、豊真将のが体が大きく見えるんですよね。実際に体が大きいのでしょうが…。感動しました。白鵬は白鵬できらいな体をしているとは思うのですが、豊真将のが断然鍛えられていますね。あとは土俵の稽古でもっと体を作って欲しいかなと思います。筋トレで作る体ではなくて、相撲で作る体。豊真将ならきっと出来ます。期待します。

井筒親方の色白さには驚く毎日です。関係ないんですけど。(笑)



Re:康一256さん

康一256さん

おはようございます。



>お尻に注目するのは、仕方ないですね。(笑)

どの競技も下半身って大切なんですねぇ。知りませんでした。上半身は立派なのに、下半身が鍛えられていない力士って結構多いと思うんですよね。太腿を鍛えるのは大変なのでしょうかね。

100歳のマラソンランナーの方が、70歳からマラソンを始めた、とおっしゃっておられましたが、50歳からでも鍛えられるとのコメント、納得です。



豊真将

こんばんは。

以前井筒部屋の朝稽古を見る機会がありまして、そのときにきていました。いや~見事な身体でした。色気とかそういうのを全く超越した、人間の身体はここまで鍛えることができるという驚異の美しさ、という感じでした。下半身に関して憶えているのは、どこまでがおしりでどこからがももか分からない、という印象ですね。それだけももの筋肉が発達していました。鶴竜もテレビで見るよりずっとがっちりしていて美しかったです。

Re:総括 ~力士別 その1~(04/21)

下半身を鍛えるのは、すべての競技に、共通

することですから、お尻に注目するのは、

仕方ないですね。(笑)



普通は、肉割れ、(ミミズ割れとも言う)

等の胸筋、上半身に注目するのですが、

さすがですね。



ちなみに、筋肉は、50代からでも

鍛えられます。



プロフィール

Gacktoh

Author:Gacktoh

「OMUSHO」は「OHSUMO」を逆から書いた文字列です。大相撲観戦記事を中心に更新しています。http://plaza.rakuten.co.jp/gacktoh/ のミラーサイトです。

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
食べ物
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
Monthly Archives
最新コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示
QRコード
QR
管理
カウンター
現在の閲覧者数
現在の閲覧者数:
リンク集
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサードリンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。