スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007年 5月場所 初日


 初日 

「ふたたび綱取りに挑む白鵬!注目の初日」 

【解説】正面(幕内)北の富士勝昭
向正面(幕内)舞の海秀平
【アナウンサー】正面(幕内)藤井康生
東:刈屋  西:三瓶
<副音声>
【ゲスト】ドリン・シモンズ【実況】ロス・ミハラ

取り組み結果

幕下以下 
幕下以下の詳しい解説は、あみだ様のブログでどうぞ。

青狼 vs 神城 切り返しで、青狼。

望櫻 vs 豊光 寄り切りで、望櫻。 振り回すような出し投げで、寄り。豪快。

杉田 vs 舛光理 掬い投げで、杉田。 裾払い気味に仕掛け、杉田の相撲。

潮光山 vs 前田 掬い投げで、潮光山。 式秀のイケメン。

栃ノ心 vs 立豊 上手投げで、栃ノ心。 また上半身だけでの投げ。

佐田の富士 vs 若兎馬 押し出しで、佐田の富士。 佐田の富士の一方的な相撲。

加賀谷 vs 須磨ノ富士 送り倒しで、加賀谷。

大勇武 vs 玉飛鳥 押し倒しで、玉飛鳥。


十両
 
境澤 vs 旭南海 突き落としで、旭南海。

光法 vs 把瑠都 寄り切りで、把瑠都。 初大銀杏。光法の変化についていき、左下手を引き、慎重に右上手を引き、左右に揺さぶる光法にも慌てず捌いた把瑠都。相撲が良くなっている気がします。

豪栄道 vs 白露山 小手投げで、白露山。 右かち上げの白露山。上体が伸びた豪栄道。右下手は取ったものの、小手に振られて飛びました。

幕内

龍皇 vs 栃乃花
もろて突きから突いて突いて…。土俵際、すっぽ抜けるもよく見て突いて行って突き切り。新入幕、初日に初日。初懸賞もGET!やりました。モンゴルでも生放送。そして初インタビュールーム。全部初。
舞の海談話:稽古場で、白鵬に負けて壁に向かって泣いていた。 
Gacktoh談:悔しさから、壁を叩いて骨折もしました。

里山 vs 普天王
土俵際まで攻め込む里山。しかぁ~し、攻めきれない。普天王が逆襲。残念。

露鵬 vs 雅山 
ぐわぁ~。行司: 木村正直、またまたやらかした感じです。審判部批判をする勝昭タン。
この場合、取り直すべきなのかどうか、私にはわかりません。ただ解説でも言っていましたが、見ている方は、納得行かないと言うより、つまらないんです。それだけです。そして、露鵬は、どんなに憤慨しても、勝負がついてからのあの態度はいけません。あそこで、頭を下げて下がれば、株が上がるってものです。そして、雅山も高々と手を挙げて懸賞をもらわない!露鵬の態度は、勝昭タンのコメントに救われた感じです。

正直談:立った後は止められない。それ以降は審判長の判断です。 
審判談:あの時点での「待った」は、遅すぎる。

高見盛 vs 春日王
右四つ。うち掛けから河津掛けのように足技を繰り出す春日王を巧く捌いたタカミン。初日。

安馬 vs 垣添 
当たる角度が良かった安馬。太りましたか?垣添何も出来ず!

魁皇 vs 時天空 
立ち合いから。いい相撲しましたよぉ、魁皇。落ち着いて、起こして寄り切り。ぎゃぁ~。素敵。


白鵬vs 琴奨菊
化粧まわし:ものもんた ←久しぶり
付け人:樹龍 望櫻

仕切り:
時間まで、両手を仕切り線いっぱいに開いて仕切ります。腰はイナバウアー気味。
両手を着いて白鵬が待ちます。←並行ではない。

相撲内容:
右かちあげ。左を差をさして、右をねじ込み、腰も入れもろ差し気味で。相手が右を巻きかえる所を出て前に落ちる感じで終了。右手を着いたぁ~。

感想:
ドロ着が、「旭鷲山」じゃなくなってました!「魁皇」じゃないですか?あれは!?

「まずは堂々と落ち着いた相撲」「勝ってもそれほど大きい拍手ではない。」 By 藤井アナ
「危なかった」By 勝昭タン ←舞の海も同意。 私も同意。

立ち合い、右足滑る、左足は外を向く。かち上げた為、腰が伸びる。そして何故そんなに突っ込むぅ~?腰は高いのに頭は低い。うぅ~ん、どうなのだぁ。相手が巻きかえる所を速攻。土俵際、右足がもう1歩出ない。何故このスピードで攻めるんでしょうか?この速さ、足の運びは、白鵬の相撲じゃにゃい!

琴奨菊だから良かったとは、琴奨菊には申し訳ないですが、本当の話。稀勢の里、若の里、安美錦、栃乃洋、栃乃花、千代大海、雅山など、回り込みが巧かったり、アバウトな突き落としが可能な力士相手なら、負けてました。でも初日なので、白鵬にとってはこの白星は大きいです!

宮城野部屋を応援する方々は、
taka先生のスポーツ&カイロプラクティックZAWA先生の黄金の右足もどうぞ!


朝青龍 vs 豊ノ島 初日結び、懸賞本数史上最多。
豊ノ島は、右足をかばってます。だから腰が入って、左足が変なふうになったのではないでしょうか?

朝青龍の付け人:豊光。白鵬の付け人:望櫻。
2人、今日三段目で取組みがあったんですよねぇ。付け人対決は、望櫻の勝ち。
花道奥でどんな心境だったのでしょうか?







勝昭語録
・まぁ、泣いたこともありますよ。(稽古で悔しくて) ←龍皇の稽古話から
・また支度部屋でなんかやらないかなぁ。 ←露鵬のこと
・僕は2場所負け越しだったんですよ。直ぐに角番でした。語る資格ありません。
・横綱になるように生まれてきた力士でしょぉ。 ←白鵬のこと
・雰囲気は横綱。 ←白鵬のこと
・いやぁ~、いい体してますよ。色、つや。 ←豊真将のこと
・黒海…(しばし無言)。大丈夫だと思います。 ←明日の白鵬












スポンサーサイト

コメントの投稿

Secre

Re:出人さん

出人さん

こんにちは。



>知識の問題



確かに、力士でも知らない事ってあると思います。そういうのって誰が教えるのかな?と思ったりしますね。ただ私は、時間一杯までの仕切りに関して(前にもエントリーしたのですが)、とても無駄な動作だと思っているので、二人で呼吸を合わせて立つ、と言う意味自体が薄れてきているのだろうな、と思っています。



とにかく、見ている方にとっては残念ですよね。



Re:sabokoさん

sabokoさん

こんにちは。



>私の方はコメント欄でお返事



場所中は、お互いに一番ベストな方法で。

なにせ、場所が始まるとてんやわんや、になりますよね?



>どうも以前のことがあるので、気になってしまったもので。



何度かありましたからね。すみません。多分こちらの調子が悪かったのだと思います。もう大丈夫だとは思うのですが、たまに何か変な事が発生するので、今度ともよろしくお願いします。



露鵬の待った

見逃したのであれですが、なんというか、「待った」についてはそもそも望ましくないから、「正しい待った」なんてのはひょっとしたらきちんと教えてなくて、経験的に学ぶことになっているのかもしれませんが、ま、原則を知りたいものです。



露鵬の態度(心)の問題もさることながら、知識の問題でもあるのではないかと思います。

ありがとうございました。

先ほどメール確認しました。いつもありがとうございます。

私の方はコメント欄でお返事させて頂きます~。

スミマセンねぇ、私もすぐにお返しできないこともあるし、別にお返事の催促とかじゃないんですけど、

どうも以前のことがあるので、気になってしまったもので。

多分、もう大丈夫ですよねぇ?単に私のミスだったのかもしれないしなぁ、、、。



場所中ですので(笑)私の方もこの辺で。

Re:sabokoさん

sabokoさん

こんばんは。



>白鵬、無事に初日



なんとか、初日。まああまり初日からいい相撲を期待していたわけではないので、不満ですがよしとします。ただ今場所は、綱とりなので、今後はそうは行きません。(笑)白鵬は、綱獲り場所以外でも、初日はかなり勝率悪いんですよねぇ。



>また白露山が駆けつけて心配してたんでしょう



私も白露山出番ですよ!って思ったのですが、十両で取りましたから、とっくに帰っていたかもしれないですよね?お兄ちゃんが終わるまで待っていたのでしょうか?



>PS 場所前にメール



届いております。すみません、返事出してなくて。場所前でしたので、お許しください。(笑)先ほど2通送っておきました。楽しんでください。

Re:Satchさん

Satchさん

こんばんは、こちらこそ今場所も宜しくお願いします。



>ちょっと露鵬が気の毒でした。



こればかりは、どうなのか本当にわからないところですが、露鵬以上に見ているほうががっくりですよねぇ。先場所かその前、嘉風も初日にこんなのありましたよね…。気が抜けてしまいますよね。



>普天王―里山



この取組は良かったですね。普天王の反撃が見事でした。

里山は軽量に泣いたと、舞の海は言っていましたが、私は体重よりも、作戦負けかな?とも思ったりしました。



あわわ。。。

白鵬、無事に初日、おめでとうございます~。

Gacktohさんは内容に納得いってないみたいですけど、綱取り場所、前は二回とも黒星スタートとか言われてるからこの白星は本人もホッとしたでしょうね!



私のほうは、、、露鵬がぁ。。。

初日から倒れそうですわ~。

支度部屋でもエキサイトしてたらしいですし、また白露山が駆けつけて心配してたんでしょうねぇ。。。

ホント苦労する弟くん。。。



PS 場所前にメール送ってたんですけど、届いてました?スミマセン、ちょっと気になったもので。。。



取り直し希望

こんばんは、今場所も宜しくお願いします。

私も「取り直せよ」と思った一人ですが、行司さんと審判部の判断棲み分けがあるんですね。今日初めて知りました(恥)。でも取り直さなくてもいいという見解は、審判長九重親方だし去年の名古屋場所のことがあるからかも…と言うのは勘繰りすぎでしょうか(汗)ちょっと露鵬が気の毒でした。それでも花道のあの態度はよくないと思いますが。

個人的には普天王―里山戦と安美錦―稀勢の里戦が見応えありました。

Re:YOSHIさん

YOSHIさん

こんばんは。



>行司権限で取り直しにならないものですかねぇ?



私はあまり詳しくは無いのですが、どうやら、行司の権限ではないようですね。審判部の判断だとか…。となると、九重親方なんですが…。取り直さなくてもいい、との見解だったのでしょうねぇ。



こんばんは

今日の雅山vs露鵬の取組で、TVに向かって「取り直せよ…」と思ったのは多分私だけではありますまい。例え立合いが成立したとしても、呼吸が合わないときは行司権限で取り直しにならないものですかねぇ?

プロフィール

Gacktoh

Author:Gacktoh

「OMUSHO」は「OHSUMO」を逆から書いた文字列です。大相撲観戦記事を中心に更新しています。http://plaza.rakuten.co.jp/gacktoh/ のミラーサイトです。

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
食べ物
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
Monthly Archives
最新コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示
QRコード
QR
管理
カウンター
現在の閲覧者数
現在の閲覧者数:
リンク集
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサードリンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。