スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

白鵬:賜杯への意欲の表れ? ←違うと思う

 中日スポーツ
白鵬が“朝青龍化”した。十両最下位の西14枚目の旭南海をターゲットに、相撲の範ちゅうを超えたけんかファイトを仕掛ける。勝負がついた後の平手打ちやキックに加え、けいこで土俵に倒れた相手の体にヒザで体重をかけ、顔面を手で土俵に押さえつけるなどやりたい放題。KO状態に追い込むと、今度は大島親方の方を向いて「なんだ、もう終わりか?」と、プロレスの暴走王・小川直也と同じ挑発的なセリフを吐く始末。目は完全に飛んでいた。

朝青龍に触発された。前日に時津風部屋で出げいこした横綱が、荒っぽいけいこで小結豊ノ島の右足を負傷させた。この日朝、育ての親・熊ケ谷親方から一件を伝え聞いた白鵬は「(朝青龍が)K-1みたいなことをやったんだ」と笑っていたというが、今度は自分も熱くなってしまった。「横綱が激しいけいこをやったと聞いてから、気合を入れてやろうと思った。自然と参考になっちゃったのかな…」。親方が反面教師に教えたことを、悪い手本にした。

けいこ後、大島親方に呼び止められて「壊すようなけいこをしたら駄目。横綱のああいうまねをしたら駄目だよ」と厳しくたしなめられた白鵬。報道陣にその件を触れられると「気にしてどうする?」と言い放った。穏健派から武闘派へのひょう変。朝青龍に続く暴挙は、綱を張ろうという男のイメージダウンは必至だろう。

白鵬は「(朝青龍が)K-1みたいなことをやったん」と笑っていた

人を笑うものは、自分も笑われる!
勘違いも甚だしい、白鵬。
1円を笑う者は、1円に泣く! ←ちょっと違いますか。

グーパンチ画像 ←白鵬なにしてるよぉ~!後ろで旭天鵬が白い目で見てるし…。
格の違いを「ダメ押し」で表現するなんて、見苦しいですし、それは格の違いではありません。


なんだ、もう終わりか? By 白鵬

こんな言葉を、大島親方に本当に言ったとしたのなら、最低です。
同じ言葉を、熊ヶ谷親方にも言っているんでしょうか?
北の湖や大鵬、ウルフに、同じ言葉を白鵬は言えるんでしょうか。




日刊スポーツ
1日、大島部屋に出げいこし、十両相手に23番(全勝)取った。旭南海にダメを押し、つり上げて土俵上にたたきつけ、落ちた体の上に全体重をかけて乗るなど、負傷してもおかしくない激しい内容だった。「鼻血を出したのは、生まれて初めてです」と流血した旭南海は、午後の予定をキャンセルするほど、痛めつけられた

還暦を祝うため、赤いまわしを締めていた大島親方からは「横綱のマネをしたらダメだよ。相手を壊すようなけいこをしちゃダメ。勝って当たり前なんだから」と厳しく注意された。夏場所綱に挑戦する白鵬は「昨日、横綱が激しいけいこをしたと聞いて、それが参考になっちゃったのかな。だんだんやっているうちに熱くなった」と素直に反省した。

横綱朝青龍の人格問題が浮上した時、白鵬は「心・技・体のそろった横綱を目指す」と話している。しかしこの日の行動は、横綱の人格とはあまりにも懸け離れたものだった。5日には横綱審議委員会けいこ総見がある。心を入れ替えることが、綱への近道かもしれない。【盧載鎭】

素直に反省

反省しているのではなくて、人のせいにしているだけですよ。これは。
朝青龍がやったからといって、白鵬がやって良い道理は無いのです。←千秋楽の変化同様


だんだんやっているうちに熱くなった

稀勢の里との稽古のときも、同じような事言っていましたが。
自分の感情をコントロール出来ないと、公言しているに過ぎないんですけどね。
内で燃える白鵬は何処へ行ってしまったのか…。
もう本当に残念。




サンスポ
モンゴル出身大関が、鹿児島県出身で7歳年上の兄弟子への常識破りの“かわいがり”。大島親方が思わず怒声をあげた。

申し合いの中で旭南海をいたぶって格の違いをみせたところで、異例とも言える出げいこ先の親方からの叱責となった。

◆白鵬の育ての親、熊ケ谷親方
 「けいこ前に朝青龍の話をして、『K-1みたいなことはやっちゃいかん』と言ったが、急に熱くなったみたいだね。つり落としは一番危ないし、日本人はああいうのを嫌がる。これから本人にもきちんと話します」

◆旭南海
 「(激しいのは)いつものことですから、大丈夫です。自分はスタミナもありますから」

いたぶって格の違い

この部分は、記者さんが嫌味で書いているんですよね?
こんなの「かわいがり」でもなければ、「稽古」でもないです。チンピラ以下。


日本人はああいうのを嫌がる By 熊ヶ谷親方

えっ、あのぉ…。日本人とかモンゴル人の問題ではないと思うんです。
国籍の問題以前に、お相撲さんとして、格上として、こんな事をする必要が見当たらないんですけど。


旭南海

マスコミに対して文句を一言も言わない姿勢は素晴らしい。
苛立ちは、隠れてひっそり発散してください。




スポニチ
≪横審でも話題に≫
朝青龍と白鵬の品格に欠ける稽古態度に関し、横審の石橋前委員長は「それが本当ならけしからん。限度というものがあるし、ケガをさせては何もならない。白鵬も大事な時期なのに悪いところをまねてどうする」と残念そうに話した。横審は内規で注意、激励、勧告などの処分を下すことができる。石橋氏も「皆さんで話し合ってみます」と事態を重く見ており、全委員が出席する5日の稽古総見で話題になる可能性を示唆した。

限度というものがある By 石橋

限度とかそんな話じゃないと思うんですけど。
「稽古」とは何か、「番付」とは何か、そんな基本的なことが分かっていない事が問題なわけで。
それに加え、稽古を見ている親方は一体どんな指導をしているのか?
って事にもなると思うんですけれど。




読売
白鵬は「横綱がきのう激しいけいこをやったと聞いて、参考にした」と悪びれずに言い、宮城野部屋の熊ヶ谷親方は「まさか同じことをやると思わなかった。私からも注意する」と、困った顔。モンゴルの横綱、大関が見せる荒っぽさが、単なる「弱いものいじめ」ではなく、賜杯への意欲の表れなら救いはあるのだが……。

賜杯への意欲の表れなら救いはある

これです、私が指摘していた部分。これが白けるって話なんです。

結婚したから、
子供が生まれるから、
優勝して3度目の綱獲り挑戦だから、

だから…
「駄目押し」も気合の表れと解釈される傾向。注文相撲も許される傾向。
なんですか?この流れ、って事です。

逆でしょ、って話です。
だからこそ、立派なお相撲さん、立派な相撲、立派な稽古、をしないといけないのに…。
変なことをしても、許される方向になるのは、おかしいと思うんです。白けるんです。

「駄目押し」する事と、「駄目押しする位の気合・激しさ」とは全然違うんです。
歯車がずれ始めている白鵬、って事でしょうね。





日刊スポーツ
けいこを見た出羽海親方は「横綱がいるだけで緊張感が増すし、いいんじゃないか」と歓迎した。

ならば私は聞きたいです。
普天王が怪我して休場かもしれない立場になっていても、親方は同じ事が言えたでしょうか?
普天王がもし今場所休場したら、十両へ陥落ですよ。
絶対に同じ事は、言えないと思います。












スポンサーサイト

コメントの投稿

Secre

Re:くみりんさん

くみりんさん

おはようございます。はじめまして。コメントありがとうございます。



>彼には『強く美しい横綱』



きっとそう思っていた相撲ファンは多いと思います。白鵬はそんな雰囲気を持っていたんですよね。実際、白鵬にはそうなる血統もあるんですが、まだまだ成長し切れていないようですね。強いだけでは、立派な横綱になんてなれません。私も同感です。



>周囲にきちんと苦言を呈する人がはたして存在するのか



周りの環境も本当に大切だと私は思います。歯車が狂い始めた時に、あの千代の富士でさえ、北の富士(当時親方)さんとタニマチの方が、2人で千代の富士に腹を割って話をしたそうですから…。



単に横綱になりたいだけなら、そんな横綱要らないです。もう勘弁して欲しいです。横綱とは、そんな存在じゃないはずなんですけどねぇ。白鵬の画像を見る限り、顔つきも変わってきた感じがして、どうしてしまったんだろう?と本当に思います。見守るしかないのですが、イライラするのも事実です。(笑)



Re:かれんさん

かれんさん

はじめまして、おはようございます。コメントありがとうございます。



>白鵬は、朝青龍とは違うと思っていたのですが…。憑依??(違)



相撲ファンが白鵬に望んでいる事を白鵬はわかっていないのかもしれないですね。朝青龍とは違うタイプの横綱を望んでいるのですが、同じことをやって横綱になろうとしているなんて…。間違ってますよねぇ。早く気づいてくれないと、取り返しがつかないです。心配です。



>稽古で痛めつけられた側の力士



私的には、旭南海は特に好きな力士ではありませんでしたが、この姿勢は正しいと思います。支持します。色々言いたい事はあると思うんです。きっと文句も言いたいと思うんです。でもそんな事はどれだけ悔しくても公にいう事ではないんですよね。しっかりかみしめて、自分の力に変えたら良いんです。そして自分は同じ事をしないことです。嫌な事でも、「学び」に変えたら良いと思います。



>白露山



そうなんですよぉ~。いつも甲斐甲斐しく登場しますよね。一目散に白露山が登場する印象です。白露山、良い奥さんになりますよぉ~。(笑)





ほんとにどうなっちゃったの

はじめまして。私もいつも楽しみに拝見しております。コメントするのは初めてですが、もうたまらなくなって出て来てしまいました。ほんとにどうなってしまったのでしょうか、白鵬。彼には『強く美しい横綱』(強い横綱では断じてない!)になってほしいとずっと願って来ました。私の記憶にあるのは柏鵬時代以降ですが、強く美しい横綱はずっと大鵬さんだけでした。なので白鵬はきっと大鵬さんのようになってくれる、と本当に楽しみに思ってましたが、しかしこれらの記事を前にすると…(涙)。

もちろんいちばんいけないのは白鵬でしょうが、周囲にきちんと苦言を呈する人がはたして存在するのか、親方もきちんと指導されているのか正直疑問に思えてなりません。

はじめまして。

いつも楽しく拝見しています。ありがとうございます。

今回は記事が出る度がっかり、悲しくなってしまいます。

白鵬は、朝青龍とは違うと思っていたのですが…。憑依??(違)

稽古で痛めつけられた側の力士の言葉が私にとっては救いです。

それと、白露山がいつもとても優しいことも…。
プロフィール

Gacktoh

Author:Gacktoh

「OMUSHO」は「OHSUMO」を逆から書いた文字列です。大相撲観戦記事を中心に更新しています。http://plaza.rakuten.co.jp/gacktoh/ のミラーサイトです。

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
食べ物
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
Monthly Archives
最新コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示
QRコード
QR
管理
カウンター
現在の閲覧者数
現在の閲覧者数:
リンク集
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサードリンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。