スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

白鵬:なまくら四つ

 スポニチ
二刀流で横綱初Vを狙う。大相撲の秋場所で、1人横綱として期待のかかる白鵬が5日、東京・両国の出羽海部屋で出稽古を行った。栃乃洋や普天王、春日錦、栃煌山を相手に14勝1敗と順調な調整ぶり。本来は右四つが得意の形だが、左四つの栃乃洋と取った時はあえて左四つで組み、相四つの形から出し投げなどを見せた。

入門時の師匠の熊ケ谷親方は「左四つになるともうひとつだと言われるから、(弱点を克服しようと)調整している。今場所は1人横綱だから頑張らなきゃと思っている」と“二刀流”へ脱皮を図っていることを明かした。右でも左でも差し手にこだわらなくなれば安定感はさらに増す。白鵬も「不安はない。優勝争いを引っ張っていけるように頑張りたい」と意気込みを語っていた

差し手にこだわらなくなれば安定感はさらに増す

この文章。
差し手がどちらになっても、という意味でしょうか?
それとも、差してではなく、型、という意味でしょうか/?

白鵬が「なまくら四つ」を目指しますか…。ますます貴乃花?
横綱になってから、「なまくら四つ」になる力士って多いんですよねぇ。
白鵬は左四つでも力でますから、問題ないと思います。

右四つの玉の海は、勝昭タンとの取組みでは何故か、勝昭タン得意の左四つで取っていたと雑誌に出ていたのですが…。勝昭タンが差し勝ったのか、玉の海がそう故意にしたのか不明。












スポンサーサイト

コメントの投稿

Secre

Re:滑稽本さん

滑稽本さん

こんばんは。



>だから、なまくら目指してるんじゃないの?



白鵬はもともとは右で、その完成を求められていた感は強かったと思います。右じゃなきゃできなかったという、理由もあると思うんですが。で、まなくら四つを目指しても、差し手か上手、どちらを重視するかで全然違ってくると思います。



>「左のマエミツ」が肝



ここはどうなんでしょうね?最近は、差してが重要だと思ったりしてみていますが…。注目です。



う~ん

>右でも左でも差し手にこだわらなくなれば安定感はさらに増す

だから、なまくら目指してるんじゃないの?

元々この人はなまくらだし。



「左のマエミツ」が肝なのは変わらないけれど、最近は突っ張り有り右の攻め有りで左の取り方にもバリエーション出てるしねぇ。



左を取らずに勝つ相撲だと、攻め急いで墓穴になるから、相手に分かられていても、左を取るまで勝負に出ない、くらいで良いのかも?
プロフィール

Gacktoh

Author:Gacktoh

「OMUSHO」は「OHSUMO」を逆から書いた文字列です。大相撲観戦記事を中心に更新しています。http://plaza.rakuten.co.jp/gacktoh/ のミラーサイトです。

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
食べ物
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
Monthly Archives
最新コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示
QRコード
QR
管理
カウンター
現在の閲覧者数
現在の閲覧者数:
リンク集
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサードリンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。